自動車

より短く、コスト効率の高い設計サイクル

バーチャル・プロトタイプ製作では、VR テクノロジーを使用することがますます重要となっています。過去何年もの間、バーチャルリアリティーがプロトタイプ作成の標準となっており、コスト削減と製品化時間短縮という点で、こうしたシステムには数多くの優位点があることを企業が見出しています。さらに高度な仮想化ソフトウェアとプロジェクション・テクノロジー (レーザー・プロジェクションを含む) を導入したことで、バーチャル・プロトタイプは、さらにリアルとなり、テストに優れたものとなっています。

複雑な問題とソリューション有効化でエンジニアリングにインサイトを与える

エンジニアリングと設計は、もはや 2 つの異なる世界とは言えません。新しい車のコンセプトを作り出すとき、この両方の分野が密接に協力し合って、最適な結果を生み出すことがますます重要となっており、この結果として、ドライバーと同乗者に対する快適性を高め、優れた車両性能をもたらします。バーチャルリアリティーは、デザイナーとエンジニアを一つにして、プロジェクトの早期段階で相互理解を深めることができます。
さらには、バーチャルリアリティーは、製造への道しるべともなります。製造の準備状態を判断し、組み立てを検証し、前以て各種コンポーネントすべての整合を確認し、生産ラインの準備状態を検証するために使用されます。これは、深い分割分析のための高度な Powerwall または Cave ソリューションに素早く検証するためにコンパクト・ディスプレイを使用して行われます。マイルストーン会議を向上するために大型のモノ・キャンバス・システムを使用し、詳細なインサイトとソリューション有効化には 3D ステレオが好まれます。

コラボレーション強化 - 組織内と組織外の両方で

同時に同じデータセットで作業:これは、理屈には叶いますが、従来のシステムを使用した場合、頻繁に大きな困難が生じます。特に、異なるサイトで、複数の関係者と作業している場合です。異なるデータセットで作業すると、プロトタイプが数か月遅延する可能性があるため、中央データを使用することがとても重要です。高度なバーチャルリアリティー技術を使用することで、みなが同様の方法でデータを見ることを保証し、ビジュアル・システムのインパクトを考慮します。これには、詳細なモノ 4K データセット、4K ステレオ・セット、Cave データにデザインを適用し、レンダリング・ファームなどの概要方法に関する課題が含まれます。

プレスリリース

ニュースレター購読にご登録ください

いますぐ登録を行って、Barco から季刊ニュースレターを直接メールでお受け取りください。

今すぐ登録する

VR のレーザー