BYOMの威力

 

 

問い合わせる

BYOM、ただの別の頭字語? いいえ、違います。 実際には、職場でのBYOD(Bring Your Own Device)の自然な流れです。 自分のタブレット、モバイル、またはラップトップを介して作業およびコラボレーションを行うことは、今日の企業では非常に一般的ですが、BYOMの登場は、新しいダイナミックなワーク体験の始まりです。

BYOM(Bring Your Own Meeting)を使用すると、よりハドル的で計画外の作業方法を採用できます。 自分のデバイスを使用してビデオ会議をホストします。 もちろん、お好みの会議ソリューション(Microsoft Teams、Webex、Zoomなど)を使用します。 同時に、参加しているミーティングスペースの利用可能なオーディオおよびビデオ周辺機器を利用できます。リモートの参加者と接続するためにITが提供する既存のミーティングルーム機器を使わない選択が出来ます。

BYODを超えて、BYOMが登場

BYOMは、コンファレンス、コラボレーション、プレゼンテーションをより形式張らないで臨時的で構造化されていないワークスタイルの一部にし、現在世界中の企業で流行しています。

BYOMは急速に拡大しており、次の3つの要因がこの傾向を促進しています。

  1. 職場で自分のデバイスを使用すると、生産性が向上します
  2. 特定の会議ソリューションを好む–直感的で魅力的なユーザーエクスペリエンスまたは自分の働き方に最も近いソリューションを好む。 UC&Cプラットフォームの選択はあなたの選択ではありません。 ベンダー、サプライヤー、またはその他のパートナーによってセットアップされており、使用する必要があります。
  3. 理解していない、または操作が難しいと思われる機器の使用を避ける

BYODを超えて、BYOMが登場

BYOMは、コンファレンス、コラボレーション、プレゼンテーションをより形式張らず、即興であまりスケジュールに拘束されないワークスタイルの一部とし、現在世界中の企業で流行しています。

BYOMは急速に拡大しており、次の3つの要因がこの傾向を促進しています。

  1. 仕事で自分のデバイスを使用すると、生産性が向上する。
  2. 特定の会議ソリューションを好む。直感的で魅力的なユーザー体験や、自分の働き方に最も近いソリューションが好まれます。 UC&Cプラットフォームは自分で選択できるわけではありません。 ベンダー、サプライヤー、またはその他のパートナーによってセットアップされており、指定されたものを使用する必要があります。
  3. 理解していない、または操作が難しいと思われる機器の使用を避ける。

デジタルワークプレイスの準備をする 

スマートな働き方

リモートでの作業、柔軟なオフィスの設計、若い従業員がビジネスライフに参入するなどの傾向により、職場の生産性を最適化することはさらに課題となっています。 解決策は、デジタルツールとテクノロジーの増加にあります。BYOM(Bring Your Own Meeting)を採用することで、デジタルワークプレース戦略を効率的で効果的な仕事の未来に導くことができます。 BYODを超えて、BYOMが登場! 私たちの研究では、BYOMが会議のプレゼンテーションとコラボレーションの基本的なダイナミックであることがわかりました。会議の未来。 

会社でBYOMを選ぶ理由 

個人のエンパワーメント(権限)はワークプレイスの中心にあるべきです。 BYOMは、ビデオ会議のソリューションになります。

 

67%

仕事で自分のデバイスを使う人

ClickShareコンファレンスは、業界初のトリプルアグノスティックソリューションです。 WindowsやMac、お好きなUCプラットフォーム、ならびに会議室の周辺機器に対応します。

 

87%

個人のスマートフォンからモバイルビジネスアプリにアクセスする従業員の能力に依存する企業の割合

ClickShareアプリを使用すると、お好みのデバイスを会議に持ち込むことができます。

 

34%

従業員は1日あたり58分節約でき、独自のモバイルデバイスを使用することで生産性が34%向上します

Read more on BYOM & remote working

以下のプラットフォームとシームレスに連携します 

ご質問がある場合当社のチームがお手伝いいたします。

問い合わせる

ClickShareコンファレンスとBYOM:完璧な組み合わせ

Bring Your Own Meeting(BYOM)では、デスクでの電話会議のとき、またあらゆる会議室やハドルスペースにあなたの会議を持ち込み、使い慣れた優れた会議エクスペリエンスを体感出来ます。 次に、会議室で利用可能な任意の機器を接続することで、会議室内とリモートの両方の会議出席者に、より豊かで協調的なエクスペリエンスを提供することによって、それを強化します。

ClickShareコンファレンスは、このプロセスをシームレスかつ簡単にします。わずか7秒で、USBコンファレンス周辺機器へのすべての接続が会議室で行われ、特定のデバイスで進行中のセッションを停止する必要はありません。バルコでは、ワイヤレス会議製品のポートフォリオであるClickShare コンファレンスの新製品群が、BYOMの真の期待を実現し、会議室内およびリモートの会議参加者に、企業のどこからでも、誰でも、どこでも、より豊かなコラボレーションエクスペリエンスを世界中で提供すると考えています。

ClickShareコンファレンスは、現在ビデオ会議で経験している課題に終止符を打ちます。 

  1. 会議室を移動する必要がありますが、それでも既存のビデオ通話に留まり、それぞれの部屋のAV機器を活用したいと考えています。
  2. さまざまな会議室機器の使用方法がわかりません。 セットアップは部屋ごとに大きく異なります。 統一されたユーザーエクスペリエンスはありません。
  3. たとえば、クライアントやサプライヤーとの会議で、さまざまなUC&Cソリューションを使用する必要があります。 また、すべてが既存の会議室機器とシームレスに連携するわけではありません。

ClickShareコンファレンスは、コスト削減に役立ちます。 

  1. 高価な会議室ソフトウェアライセンスは必要ありません。
  2. 特定の会議ソリューションを統合するために独自のハードウェアとソフトウェアを購入する必要はありません
  3. 会議室の機器をセットアップするために待機する時間を節約できます。 セットアップ時間を7分から7秒に短縮
平均すると、人々は過去 6 か月間に 6 個の異なるコンファレンシング ソリューションを使用していました。
「ミーティングの未来」についての調査、ClickShare
 

ClickShareコンファレンスの概要とビジネス上のメリット

シンプルであり、使いやすく、ワイヤレスであること。 それが、ClickShareコンファレンスのメリットです。ノートパソコンのアプリを、会議室のディスプレイで共有したり会議室のカメラとマイクにワイヤレス接続したりして、高品質のハイブリッド会議を実現できます。

Barco ClickShareワイヤレスコンファレンスソリューションの各製品は、既存のビデオ会議システムやUSB接続のAV周辺機器(マイク、サウンドバー、カメラ)とワイヤレスで接続できるよう設計されています。雑多な機器をケーブルやアダプターでノートパソコンに接続する手間は不要ですハイブリッド会議が、さながら対面の会議のように直感的でスムーズな体験になります。

ClickShare CollaborationアプリClickShareコンファレンスボタンを使用すれば、さらに充実したコラボレーションが可能です。 その他にも、ClickShareコンファレンスシステムでは便利な機能を多彩にご利用いただけます。