ClickShareコンファレンスでワンランク上のMicrosoft Teams会議を実現

昨今のパンデミック状況下で世界中の企業が対応を迫られるなか、つい数か月前までは予想もされなかった勢いでビデオ会議の導入が増えています。 Microsoft TeamsなどUCソリューションは、ビジネス、教育、さらには娯楽の分野で世界中の人々をつなぐ一般的なツールとなり、急速に社会に普及しました。 シンプルかつ使いやすいという利点を背景に、今日ビデオ会議のアカウント数は数億にまで増えています。 外出制限が解除されオフィス勤務が再開した後も、ビデオ会議は優先的に選ばれるコミュニケーションとコラボレーションのツールとして上位に残るでしょう(特にMicrosoft Teams)。

あらゆる会議でMicrosoft TeamsとClickShareコンファレンスを連携

効率的なビデオ会議は、さまざまな場所にいる従業員の協業を促進して、チームの連携と個々のコミュニケーションを改善するうえで役立ちます。 ClickShareコンファレンスのワイヤレスソリューションは、あらゆる種類のオフィス会議室で効率のよいコラボレーションを実現します。

ClickShareコンファレンスシリーズは、Microsoft TeamsなどのUCソリューション、既存のビデオ会議システム、会議室のUSB接続のAV周辺機器(マイク、サウンドバー、カメラ)とシームレスに連携。ケーブルやアダプターなどによる物理的な接続も不要です。

会議室にある既存のオーディオやビデオ周辺機器にわずか7秒でワイヤレス接続し、Microsoft Teamsでの会議を会議室とリモートのすべての参加者にとって素晴らしい体験へとグレードアップします。

BYOM(各自のデバイスで会議を主催)へのニーズに応え、お使いのノートパソコンからMicrosoft Teams会議を開始できるほか、その他のお好みのUCソリューションも使用できます。 会議室のスクリーンでのコンテンツ共有に加え、コラボレーションを強化するインタラクティブな機能も搭載。会議室と同じコンテンツをリモート参加者にも共有して、参加者全員が集中して議論できる、真に生産的な会議を実現します。

BYOMの詳細を見る

あらゆる会議でMicrosoft TeamsとClickShareコンファレンスを連携

効率的なビデオ会議は、さまざまな場所にいる従業員の協業を促進して、チームの連携と個々のコミュニケーションを改善するうえで役立ちます。 ClickShareコンファレンスのワイヤレスソリューションは、あらゆるタイプのオフィス会議室で効率のよいコラボレーションを実現します。

ClickShareコンファレンスシリーズは、Microsoft TeamsなどのUCソリューション、既存のビデオ会議システム、会議室のUSB接続のAV周辺機器(マイク、サウンドバー、カメラ)とシームレスに連携。ケーブルやアダプターなどによる物理的な接続も不要です。

会議室にある既存のオーディオやビデオ周辺機器にわずか7秒でワイヤレス接続し、Microsoft Teamsでの通話を会議室とリモートのすべての参加者にとって素晴らしい体験へとグレードアップさせます。

BYOM(Bring Your Own Meeting)へのニーズに応え、お使いのノートパソコンからMicrosoft Teams会議を開始できるほか、その他のお好みのUCソリューションも使用できます。 会議室のスクリーンでコンテンツを共有し、コラボレーションを強化するインタラクティブな機能で同じコンテンツをリモート参加者にプッシュできるので、すべての参加者にとって没入型のエンゲージメントが高い会議が実現します

BYOMの詳細を見る

Microsoft TeamsでClickShareコンファレンスを使用する方法

以下のシンプルな3ステップで、会議を開始できます。

  1. コンファレンスボタンをデバイスに挿し込む
    これで、会議室のオーディオ/ビデオデバイスにワイヤレスで接続できます。

  2. Microsoft Teams(またはその他のUC&Cシステム)で会議を開始します。 

  3. ボタンを押す
    コンテンツが会議室の画面で共有されます。

ClickShareコンファレンスでMicrosoft Teams会議をアップグレードするメリット 

  1. 会議室のAV機器とワイヤレス接続して、 すべての会議で音声とビデオを使用できます。
  2. リモート参加者に高品質な音声と会議室全体の画像を提供して、よりスムーズに議論できます。
  3. 会議室とリモートの両方の参加者に容易にコンテンツを共有でき、エンゲージメントが向上します。 
  4. 会議室の機器のセットアップを待つ間の無駄な時間を省けます。 セットアップの所要時間が7分から7秒に短縮されます。
  5. 各自のデバイスから会議を開始できるため、会議用設備の複雑な操作が不要になります。
  6. BYOM(各自のデバイスで会議を主催)アプローチにより、個人のデバイスでスムーズに会議を主催できます。
  7. 高額なミーティング用ソフトウェアライセンスが削減できます。
  8. メインの会議ソリューションとしてMicrosoft Teamsを使用しつつ、 必要に応じて他のUC&Cソリューションも使用できます。たとえば、サプライヤーが別のプラットフォームの使用を希望している場合でも、会議室のAV周辺機器に簡単に接続できます。

ClickShare Conference が答えです

クイックボタンを介したコラボレーション

コラボレーション機能の設定にアクセス メイン画面のコピーをお使いのノートパソコンに取得し、コンテンツの完全な詳細を簡単に表示できます。 一連の高度な機能も利用可能になります。

トリプルアグノスティック

ClickShare はノートパソコンやデスクトップで使用でき、お好きなブランドの周辺機器に即座に接続し、コンファレンスプラットフォーム (UC) で稼働します。

ISO 27001 認証

ISO 27001 認証を取得した初のワイヤレス コラボレーション テクノロジーとして、 当社はセキュリティに関する最も厳しい国際規格が定める適切なプロセスと構造に従っています。

管理ダッシュボード

XMS (Cloud) Management Platform により、ビジネス全体にわたる ClickShare の管理はシンプルです。

SmartCare

5 年間のカバレッジと、XMS インサイト モジュールへのライセンス、サービス レベルのレベルアップを含みます。

ネットワーク統合

1つのユニットをイーサネット経由でネットワークに接続する場合や、すべてのClickShareユニット用に専用のVLANを構築する場合も、ネットワークとシームレスに統合できます。 ClickShareコンファレンスのネットワーク導入に関するご質問は、最寄りのBarcoのまでお問合せください。

Microsoft Teams会議に参加する全ユーザーのエンゲージメントを向上

会議室内のユーザーは、リモート参加者の表情を捉えて声を聞き、コンテンツを共有して、お互いの顔を見ながらディスカッションすることができます。

リモート参加者は、会議室で起きている出来事をフルルームビューでしっかりと把握し、共有コンテンツを閲覧して、会議に積極的に参加できるようになります。

会議室での表示画面

会議室の様子を映すリモート参加者側での表示画面

あなたに最適な ClickShare モデルは?ウィザードを使って調べてみましょう。

選択を支援する

ヒント&テクニック

会議室のオーディオ機器への接続が困難な場合は、以下の方法をお試しください。

Microsoft Teamsのオーディオとカメラの設定をチェックし、会議室のビデオとオーディオのシステムに接続していることを確認します。

 

コンテンツを共有するための他の強力な機能を利用したいですか?

  • 「ルームディスプレイのローカルビュー」機能で、会議室画面の映像をお客様のデバイス上で表示させます
  • ウィンドウ選択を使用して、特定のアプリケーションまたはドキュメントのみを表示します

以下のプラットフォームとシームレスに連携します 

製品パンフレット

同僚との共有や今後の問い合わせに便利な ClickShare のパンフレットをぜひダウンロードしてください。
今すぐダウンロード

最新情報をチェック

ClickShare のサービスや製品に関する最新ニュースを受け取る
Barco グループの製品やサービスに関する通知を受け取ります。 メールアドレスを第三者と共有することは決してありません。
当サイトは reCAPTCHA によって保護されており、Google の プライバシー ポリシーおよびサービス規約が適用されます。