デジタルサイネージとClickShareにより、会議室で情報発信

会議やプレゼンテーションに使用していない間、会議室のディスプレイをデジタルサイネージプラットフォームとしても活用することで、会議室にいるゲストの関心を引き、情報発信できます。 

自社ブランドが持つアイデンティティの発信、従業員への連絡、ゲストの記憶に長く残るような印象付けなど、組織全体にわたって的を絞った情報を費用対効果の高い方法で従業員やゲストに届けることが可能になります。

 

利点について詳細を見る

コラボレーションキャンバスからデジタルサイネージプラットフォームまで 

会議室で使用するディスプレイをデジタルサイネージプラットフォームとして利用することで、人々へ最新の製品情報を提供し、興味関心を与えることができます。
会社で使用しているOutlookまたはGoogleのカレンダーに、会議室の予約状況を表示
ソーシャルイベントや企業イベントへ招待
新入社員や来訪者に向けての歓迎メッセージ
天気、ニュース、株式ウィジェット 
 
会社のデータダッシュボード 

デジタルサイネージ統合にClickShareを使用する理由とは?

適切なメッセージで関心を引く

ClickShareをデジタルサイネージプラットフォームとして使用すれば、すべての会議室間でスタッフやゲストによるコミュニケーションが可能となります。さらに、カフェスペースやハドルルームなど、デジタルサイネージがよく使用される場所でもコラボレーションに利用できるようになります。 

IT投資の規模を調整し、最大限活用

ハードウェアへの投資を増やす必要はありません。今使っている会議室ディスプレイの機能を拡大し、プレゼンテーションや会議の開催に加えて、デジタルサイネージにも利用できます。

コンテンツ管理をスムーズに

お客様の施設内の異なる会議スペース全体で、設定、構成、管理、発表をシームレスに実施できます。ClickShareの集中管理ソリューションであるXMS Cloudの各種テンプレートを使用して、お客様の施設全体のデジタルサイネージを単一のプラットフォームから管理できます。

会議室でのデジタルサイネージの設定方法 

環境に依存しないワイヤレス会議室システムClickShareでは、連携するアライアンスパートナーの数を増やし続けており、その機能をプレゼンテーションや会議の開催からデジタルサイネージにまで拡げています。 

 

XMS Cloud管理プラットフォームを使用して、静止画像URLをお客様のデジタルサイネージプレイヤーの用アドレスに置き換えれば、会議室のデジタルサイネージを設定できます。

Barcoパートナー

ClickShareでデジタルサイネージを体験

無料トライアルのお申込みはこちら