数世紀もの中国の歴史が高品質 3D で蘇る。

北京の紫禁城に設立された故宮博物院は、中国で最も総合的な国立博物館の 1 つです。この建物は、100 万を超える遺物を収容し、合計面積は 960,000 m² です。2003 年、中国の長く彩り豊かな歴史に来館者をより深く没入させるため、意欲的なバーチャル・リアリティ・プロジェクション・システムが Barco の可視化における最先端テクノロジーに基づいて博物館にセットアップされました。2013 年、曲面スクリーンに昔の皇宮の画像が投射されて、設置の 10 周年を祝いました。その高い技術標準とプレミアムな画像効果が良好に維持されて、壮大で格調高い皇宮の真に迫る光景を実現し、世界中からの来場者に感銘を与えました。

Barco ソリューション
  • 3 チャンネル Galaxy NW-12 プロジェクター
主な利点
  • 卓越した画質
  • 耐久性
  • 低ノイズ

かつて明と清王朝の皇宮であった紫禁城には、約 600 年もの長くて彩り豊かな歴史があります。前述の王朝からの芸術作品や遺物の幅広いコレクションを展示するため、1925 年から博物館になっています。21 世紀に入ってから、博物館は、来館者に没入型のタイムトラベル体験を提供する努力の中で、伝統的な画像テクノロジーと現代的な画像テクノロジーを完璧に織り交ぜて、中国の輝かしい歴史をリアルに表現することに取り組んでいます。

故宮博物院の文化資産デジタル応用研究機関のディレクターである Xu Hu 氏のコメント:“21 世紀の幕開けとともに、私たちは、いかに現代的なテクノロジーを活用して、こうした壁の中に閉じ込められた歴史を来館者が生き生きと体験できるようにするか、考えています。だからこそ、私たちは皇宮の輝かしい歴史と中国伝統文化のエッセンスをリアルに映し出すことができるソリューションを探し始めたのです。”

完璧なブレンド

いくらか調査した後、博物館スタッフは、すぐに Barco を知り、彼らが期待していた最先端テクノロジーを見つけ出しました。こうした意欲的なプロジェクトを実現するには、理想的なパートナーでした。Xu Hu 氏のコメント:“私たちの希望を説明した後、Barco から迅速に提案が出され、結果的には、わずか 2 か月でデザインして実行されました。”この設置は、3 台の Galaxy NW-12 ステレオ・プロジェクターで構成されて、完璧にブレンドされた 3D 画像を 105 度の曲面スクリーン (11 x 4.2 メートル) に生み出しました。その時点では、中国で初めて、さらにはアジアで初めて使用された最初の 3 チップ・プロジェクターのセットでした。

優れた耐久性

“このプロジェクトに Barco を選択した理由は、複数ありました”と Xu 氏は続けます。“第一に、その高度なブレンディング・テクノロジーは、私たちが思い描いていたプレミアムな画質にとって完璧の一言でした。第二には、プロジェクターの低ノイズが、皇宮建築の調和と威風のある雰囲気に完璧でした。そしてさらに大事ことは、システムの卓越した耐久性を Barco が保証してくれたことです。彼らは、自らを実証してくれました。設置から 10 年経ちますが、わずか数回のアップデートだけで、このソリューションは、常にスムーズに機能します。このすべてにより、このシステムと、皇宮の文化を描写するインタラクティブな手法は、海外のリーダー、大使、博物館訪問のエキスパートにとって必見なものにしています。

“Barco の高度なブレンディング・テクノロジーは、私たちが思い描いていたプレミアムな画質にとって完璧の一言でした。”故宮博物院の文化資産デジタル応用研究機関のディレクターである Xu Hu 氏。

“私たちの希望を説明した後、Barco から迅速に提案が出され、結果的には、わずか 2 か月でデザインして実行されました。”故宮博物院の文化資産デジタル応用研究機関のディレクターである Xu Hu 氏。