今日のエネルギー・プラントと処理工場は、休むことのない、世界中での生産と処理活動を監視および管理するため、洗練された産業自動化ソリューションに依存しています。課題: 大量のグラフィックとセンサー・データを表示すると同時に、リモート通信を促進し、1 分 1 分が問題となる場合に、高速で効率的な決定を可能にする。Barco のネットワーク型可視化およびコラボレーション・プラットフォームで提供される Emerson iOps “統合オペレーション”センターは、ライブのデモ環境を提供して顧客に成功への道を指し示します。

新しい iOps Center は、コントロールルームでのプロセス管理作業に対する最新ソリューションを使用して、顧客を没入型の実地体験と結びつけます。“iOps Center の作成における当社の目標は、通常のパワーポイント・プレゼンターションを超えて、現実の世界環境を提供し、そこでは、いかにして私たちの融合テクノロジーがそれぞれの問題を解くのに役立つのかを顧客が体験できます”と Remote Asset Monitoring and Analytics のディレクターである Mike Boudreaux 氏がコメントします。

Emerson が iOps Center を構想したとき、チームは 3 つの明確なゴール (ワイヤレスで顧客に表示する、ウォールとユーザー・ワークステーションで素早くソースを操作する、デモ・ルーム・シナリオを一業種から別のものに 5 分で切り替えられる) を設定しました。Barco は、そのテクノロジーとサポートを提供し、これらすべてのゴールとその他の課題を達成させることができました。

以下のフルケーススタディーをご覧ください