バーチャル・リアリティの将来の研究に役立つ未来型セットアップ

2010 年以降、パリ第11大学のキャンパスに位置する“Computer Science Laboratory for Mechanics and Engineering Sciences”(LIMSI) は、世界で最も高度な没入環境の 1 つを有することを誇りにしています。それもそのはずで、LIMSI は、仮想および拡張現実環境での人的交流の研究を行うチームである VENISE の本拠地でもあります。

カスタマイズされたデザイン
長年の間、VENISE グループは、没入型のコラボレーティブなインタラクションをより自然で直感的なものにすることを支援する“Evolutive Virtual Environment”(EVE) に取り組んでいます。“過去、私たちは、もっと小さな VR セットアップを使用していましたが、私たちの研究を進めるには制約が大き過ぎました”と LIMSI のリサーチ・ディレクターである Patrick Bourdot 氏は説明します。“私たちが必要だったのは、かなり特殊な基準 (マルチモダリティ、マルチユーザー・レンダリング) を満たしてくれる大きな環境であり、そのセットアップは、再構成できる必要がります。”標準的なソリューションでは、決してこうした基準を満たせないことを確信して、LIMSI は、Barco とチームを組んでカスタマイズされたデザインを考案しました。

デザイン、ソフトウェアおよびハードウェア
Barco は、柔軟なスクリーンによる四面プロジェクション CAVE のセットアップを提案しました。7 台の Barco Galaxy NH-12 プロジェクターを用いて、13m² ガラス・フロアを囲む高さ 5m の HD スクリーンに画像を表示します。“カスタム VR システムをデザインして構築する Barco の専門性は、非常にユニークです。EVE のようなシステムを作るには、機械的デザイン、ソフトウェアとハードウェア・エンジニアリングを絶妙に組み合わせる必要があります。チームとの対話では、予期しない要求に適合できるように元々のソリューションをデザインしておく Barco スタッフの応答性と創作力を巻き込み、非常に価値がありました”と、Patrick Bourdot 氏は続けました。

ユニークな機能
このハイエンドな没入環境は、ライブで現在数年が経過します。そのユニークな機能により、VENISE グループは、高度な実験を実施できます。たとえば、マルチステレオスコピーは、共存下の没入型コラボレーションを研究するため、別のグループの人々にまったく同じ奥行き知覚を提供します。このセットアップは、厳密な音響的制約のある大きな室内に設置されており、3D オーディオ設備 (バイノーラルおよびアンビソニック)、および大規模なハプティクスも含み、13m² フロア・ガラス・スクリーン全体に広がります。

信頼できる革新的機器
Patrick Bourdot:“Barco が構築してくれたシステムにとても喜んでいます。ダウンタイムは極めて少なく、問題が生じたときは、Barco が常に柔軟かつ迅速にソリューションを見つけてくれます。研究作業は、決して完璧なビジネスではなく、斬新な実験への新しいアイデアには、信頼できる革新的な機器が必要です。Barco ソリューションは、その点で完全に満足させてくれます。”

詳細情報:

EVE : https://www.limsi.fr/venise/EVEsystem
VENISE : https://www.limsi.fr/venise/