We couldn't think of a better solution to power our flagship VI-DriveSim solution!

Diego Minen
Technical Director at VI-grade

Barco F50 プロジェクターが最先端の運転シミュレーターを強化する

自動車業界は、製品化時間の短縮、予算削減から、今までで最も高い顧客要求まで、かつてない数多く課題に直面しています。運転シミュレーターは、開発プロセスをストリームライン化し、高額な性能試験を削減し、設計プロセスの早期にテスト・ドライバーからフィードバックを受けるために自動車メーカーを支援する優れた手段です。シミュレーション・ソフトウェアとサービスをリーダー的プロバイダーである VI-grade による VI-DriveSim は、卓越した運転シミュレーターです。VI-DriveSim は、コンパクトで、市場におけるその他ほとんどのシミュレーターよりも大幅に低価格でありながら、3 台の Barco F50 WUXGA プロジェクターを含むハイエンドなツールをぎっしり詰め込んでいます。

リアルな環境

“VI-DriveSim は、自動車開発プロセスの早い段階で人に感じてもらうことが重要であるという考え方に基づきます。こうすることで、自動車メーカーは、実際のドライバーで仮想車両ミッションをテストでき、ドライバーは、高精度なデジタル代用車をリアルに再現された環境で運転して、自動車の挙動を“感じ取る”ことができます”と VI-grade のテクニカル・ディレクターである Diego Minen 氏は説明します。

的または動的

どのように機能するか?実際に、VI-DriveSim は、2 つの異なる設定 (静的および動的) で利用できます。静的設定では、ユーザーは、VI-CarRealTime に基づいて仮想車両モデルを運転し、固定されたコックピットに座りながら、ワイド・スクリーンで車両の挙動を可視化します。動的設定は、革新的な自由度 9 度の可動プラットフォーム - Driver in Motion (DiM) - により、全体的な寸法を低減し、大きな移動量で、ドライバーにモーション・フィードバックを提供します。

可能な限りのリアルさ

Barco の F50 プロジェクターは、環境をできる限りリアルにシミュレーションするため、完璧な適合が可能です。Barco F50 は、卓越した解像度をアクティブ 3D ステレオと高フレームレートに組み合わせたユニークなシングルチップ DLP® プロジェクターです。鮮明な色と豊かなコントラストで極めてシャープな画像を提供します。それであって、小さくコンパクトであり、それは、私たちのソリューションに必須の条件でした”と Minen 氏は続けます。“その上、このプロジェクターは信頼性が高く、低い総所有コストを保証してくれます。私たちのフラッグシップ VI-DriveSim ソリューションを強化するのに、これよりも優れたソリューションを考えられませんでした。”