千葉メディカルセンターで生産性と快適さが融合

千葉県にある千葉メディカルセンターは、50 年間、日本でも最も名高い医療機関の 1 つとして存在しています。その設立以来、病院は、高品質な医療サービスの提供と、その地域における公的医療の推進に取り組んでいます。最善の医療を提供するため、メディカル・センターでは、高い資格を有する従業員を雇用し、最新の技術的革新に依存しています。

一度 Barco を選択すると、決して変えることはありません

植田琢也先生は、千葉で最も敬意を表される放射線医師の 1 人です。東京都の聖路加国際病院の放射線医師であった植田先生は、すでに Barco の Coronis Fusion 6MP LED ディスプレイでの作業を経験していました。この診断カラー・ディスプレイは、柔軟なマルチモダリティ画像を提供し、2 つのシームレスな 3MP ヘッド、または 1 つのワイドスクリーン 6MP ディスプレイとしても使用できるため、生産性が向上します。

これにより、植田先生は、CT、MR、カテーテル、エコー図などの画像を読影しながらも、同時に目の疲れを大幅に軽減できます。そうしたことから、彼の新しい職場にも、このディスプレイの設置を決定したことは、言うまでもありません!