モリタ グループは、創業 100 周年を迎えるにあたり、大阪本社のセミナールーム、ショールーム、レセプションルームを一新し、10 台の Barco Eonis 24 インチ ブラック クリニカルディスプレイを配備しました。このように設置されたディスプレイで歯科画像を忠実に表示できれば、相互の会話も弾み、学習効果も大いに上がります。

 

京都創業のモリタ グループは、デンタルケア業界のメーカー大手として世界中のオーラルケアをサポートしています。2016 年に創業 100 周年を迎えた同社は、「A Century of Innovation – Today and Tomorrow (イノベーションの世紀、明日につながる今日を目指して)」と題した記念キャンペーンを立ち上げました。「顧客満足度以上」、「見えないところを改善」などをテーマに据え、モリタはグループの製品販売の中心である大阪吹田市の本社ビルのセミナールームやショールームをリニューアルし、顧客窓口のさらなる充実を図りました。

 

セミナールームには 10 台のコンピュータ ステーションを配置し、モリタの最新ソリューションを参加者がそれぞれのペースで体験できるようになっています。こうしたコンピュータの操作には、優れた人間工学に裏打ちされた高画質の画像を再現できるディスプレイの存在が非常に重要になってきます。

 

日本全国の歯科医に認められた Barco のディスプレイ ソリューション

 

セミナールームには、モリタの画像処理ソフトウェア “i-VIEW” を統合した Barco の 24 インチ Eonis ブラック ディスプレイが使われており、日本の歯科専門医の間でも高い人気を博しています。DICOM 第 14 部やその他のレントゲン画像表示に適した医療規格各種に準拠していることはもちろん、Eonis が提供する性能や品質は従来のコンピュータ・ディスプレイとは比べものになりません。

 

Barco は、その 30 年以上にわたって培った実績と医療診断画像用ディスプレイ分野における世界最大のマーケットシェアを活かして、歯科業界に最も必要であると思われるディスプレイを追求し Eonis 24 インチ ディスプレイを開発しました。同ディスプレイは歯科用レントゲン画像機器で撮られた画像をその細部に至るまで忠実に再現することができます。

 

フレキシブルな設置はセミナールームに最適

 

Eonis 24” には広視野角を可能にする IPS パネルが装備されており、横から見たとしても輝度やグラデーションは変わりません。また画面を回転させることができるので (水平角度調整)、同じ机にいる参加者とも簡単に画面を共有することができます。使わない時にはコンピュータとディスプレイをまとめて保管できるうえ、LED バックライトを使っているため薄型軽量な Eonis 24 インチは 、誰でも無理なく持ち運びできるよう配慮されています。

 

Barco ClickShare がプレゼンテーションを変える

 

会議スペースの効率と生産性を向上させるため、Barco 設計の ClickShare ワイヤレス プレゼンテーション ツールが、こちらもまた改装された 100 周年記念レクチャールームをはじめとする 3 部屋に導入され、受付用に使われています。

 

持ち込んだパソコンを USB ケーブルを使って接続するだけで画像を共有できるため、VGA や HDMI ケーブルの接続は必要ありません。これにより、次の発表者とスムーズに交代できるため、無駄のないセミナー管理を実現し、時間とスペースを最大限に活用できます。この成功を受け、Barco では今後も最先端映像ディスプレイ機器やネットワーク技術ソリューションの提供を通じて、モリタ グループとの協力関係をより一層飛躍させたいと願っています。

ハイライト:

Barco ソリューション

  • ClickShare プレゼンテーション システム
  • Barco 24 インチ Eonis ブラック ディスプレイ


Barco を選ぶ理由 

  • Eonis のすばらしい画質と広視野角
  • 使いやすい ClickShare