東京医科歯科大学附属病院 (TMDU) の放射線科は、患者の病状を判断、診断、監視するうえで極めて重要な役割を担っています。CT、MRI、マンモグラフィー画像は、検査や診断、医療チームによる討議で使用できるよう、細部まで鮮明に表示されていなければなりません。

Coronis Uniti has a high brightness that even when the room is bright, we can still see the details clearly.

Dr. Kazunori Kubota
Tokyo Medical and Dental University Hospital

同病院では 4MP ディスプレイを使用していましたが、品質は十分高いものではありませんでした。TMDU は同じサプライヤーを採用しないことにしました。

TMDU のクボタ・カズノリ医師のコメントは次の通りです。「当院の具体的な要件に一致する診断用ディスプレイの導入を検討していました。」「人間工学に基づいた設計であることはもちろん、優れた画質を提供できるディスプレイであることが重要です。 信頼に値するブランドのものを採用したいと考えていました。Barco ディスプレイについては、医学界の医師仲間から聞いたことがありましたし、皆がその独自のソリューションを評価していました。」

Barco が提案したのは 3 つの異なるソリューションでした。1 つ目は Coronis Fusion 4MPで、CT、MR、整形外科用やその他の画像の表示用のディスプレイであり、高輝度および高コントラスト比を提供できます。TMDU が特に興味を示したディスプレイには、Barco 独自の SpotViewTM 技術が使われており、関心領域の輝度を高めて周囲の画像エリアを暗くすることができます。これにより、特定細部にフォーカスできるので、より効率的に検査することができます。  

Nio Color 5MP は放射線検査およびマンモグラフィー用で、細部まで鮮明に表示された明るく校正済みのカラー画像を提供します。高コントラスト比は極めて微細な画像ディテールでさえも明らかにし、2D と 3D で画像を表示させることができます。デスクトップを傾斜させたい放射線技師にはさまざまな視野角による、人間工学的に優れたディスプレイを提供します。

TMDU では、Coronis Uniti メディカル・ディスプレイも導入しました。同ディスプレイは PACS およびマンモグラフィー用で、グレイスケールの DICOM 標準に適合し、一貫性が高く知覚的にリニアな色を保証する初めての校正済みディスプレイです。また、反射を低減し広い視野角を提供できるので、診察や医療チームによる議論に最適です。


ハイライト:

Barco ソリューション

  • Coronis Fusion 4MP
  • Nio カラー 5MP
  • Coronis Uniti

Barco を選ぶ理由

  • 高画質
  • 高輝度と高コントラスト比
  • 独自の SpotViewTM テクノロジー


Coronis Uniti also has a ultra sharp image and we can see suspect lesion easily.

Dr. Kazunori Kubota
Tokyo Medical and Dental University Hospital