11 世紀から 15 世紀のビザンティン帝国時代に栄えたテクフル宮殿は、ブラケルナエ宮殿で唯一現存する遺跡です。 これは、イスタンブール当局によってミュージアムとして復元されました。 当宮殿は、オスマン帝国時代の陶器、ガラス製品、瓦を象徴する建物です。 ミュージアムには世界中に送られた品物が飾られており、ビザンティン帝国やオスマン帝国の歴史が伺えます。 ここには、オスマン帝国時代のガラス製品、陶器、美術品や、思わず見入ってしまうレプリカが飾られています。

The idea was to really bring the history of the palace to life.

Tekfur Sarayı Müze Projesi
Digital Services
実際、宮殿の跡地には、廃墟と化すまでとても複雑な構造をなす建物の様子が残されています。 当宮殿は、王宮などの数多くの目的を果たすために利用され、コンスタンティノープルの征服後は、吹きガラス工房や陶器工房として利用され続けました。 当局は、当時の歴史を伝えるため、瓦、陶器、ガラス製品を主体としたミュージアムを建てました。

歴史の鼓動を伝える

あらゆるミュージアムのキュレーターにとっての課題は、ビジターが歴史を理解できるように作品を展示することです。 このミュージアムでは、キュレーターは瓦や陶器の歴史だけでなく、ビザンティン帝国やコンスタンティノープル、ならびにその後のイスタンブールの、奥が深い歴史的背景についても考慮する必要がありました。
これには数多くの埋蔵物や、歴史的背景の表現方法などがあります。

“時間の経過とともに物事は変化します。 つまり、昔と同じように表現することが大切です”と、テクフル・サラユ・ミュージアム・プロジェクトのデジタル・サービス担当者は言います。 “Barco の LCD テクノロジーやプロジェクターを利用することで、壮大な方法で表現できます。” 

巨大な 3 x 4 KVD ビデオウォールと 3 x 2 Barco UniSee 画面は、ビザンティン帝国時代の歴史の鼓動をさまざまな方法で表現し、当時の暮らしの様子をビジターに伝えます。 最上階では、プロジェクションによってクルアーンの詩が建物の壁に描かれています。 ビジターは具体的な内容を理解して充実した体験ができるよう、2D や 3D アニメーションを利用できます。 

KVD ビデオウォールは送風機を使用せずに高画質の画像を提供できるため、当ミュージアムには最適です。 つまりビジターは、換気扇の音を気にせずに鑑賞できます。
Barco の UniSee LCD ビデオウォールは、視界をベゼルで邪魔されることなく、鮮明な色を映し出し、ビジターが絶賛するほどの最高の視覚体験をお届けする、とても信頼性が高い一流のテクノロジーです。
“ ’さらに当ミュージアムの特筆すべき点としては、さまざまなアプリケーションで Barco の広範なソリューションに依存できることです”と、テクフル・サラユ・ミュüージアム・プロジェクトのデジタル・サービス担当者は言います。

ハイライト:

  • 優れた画質
  • 有意義なミュージアム体験をもたらす環境
  • UniSee の NoGap テクノロジー
  • 簡単な診断とサービス (UniSee)
  • 高い永続性

The quality and reliability of the projectors and displays are important.

Tekfur Sarayı Müze Projesi
Digital Services