医療用校正とは

医療用校正とは、規制基準に沿って医療用ディスプレイの精度を調整するプロセスのことです。医療用校正は、長期にわたって医療用ディスプレイの品質を保証し、ディスプレイ間で同じように画像を認識するうえで欠かせないプロセスです。これにはまた、必要な医療認定の取得が義務付けられています。

DICOM の校正

医療用ディスプレイの校正に最もよく使用される規格は、DICOM GSDF 規格です。この医療規格は、放射線のグレースケール画像の表示方法を定義し、ディスプレイ校正および品質保証のガイドラインを提供しています。DICOM は現在のところ、医療用のグレースケール画像のみに限定されていますが、医療用のカラー画像表示に関する規格も策定が進んでいます。

校正の自動化

病院が統合された結果、つまり 1 つの病院がいくつもの地域にまたがる複数施設を運営することになった結果、医療用校正を自動化する必要が出てきました。医療用ディスプレイ・メーカーは地域の規格に準拠した自動化ソフトウェア搭載のディスプレイを提供し始めました。これにより、病院内の医療用ディスプレイ全体の校正を 1 か所から実施できるので、病院の医療ワークステーションの品質 (QA) 管理を担当する PACS および QA 管理者は貴重な時間を節約することができます。

結論

医療環境で使用される機器は厳しい規制に準拠している必要があります。医療用校正とは、放射線用ディスプレイなどの医療機器を特定の医療規格に合わせて校正し、精度を保証するプロセスを指します。


さらに興味がある場合

Barco の診断用イメージング製品ラインナップの紹介はこちら