外科用ディスプレイとは

外科用ディスプレイとは、手術室向けに設計された医療グレードのモニターのことです。外科用ディスプレイは通常、内視鏡手術またはインターベンショナルラジオロジー (IVR) などの画像誘導による外科手術中に使用されるモニターを指します。外科用ディスプレイはまた、外科手術中の PACS 画像やバイタルサインなどの重要な患者情報を表示できます。

外科用ディスプレイのタイプ

外科用ディスプレイは、患者の生体組織のリアルな画像を確実に表示します。特に画像誘導による手術においては、画像が遅れることなく瞬時に表示されることが欠かせません。これにより、画面上に表示されるものとリアルタイムで行われているものが一致するため、外科医の手先と目の連動が向上します。

外科用ディスプレイはさまざまな形状や形式で提供しています。患者近傍用ディスプレイから大画面の手術室向けディスプレイまで、さまざまなディスプレイが用意されています。特にインターベンショナルラジオロジーでは、ユーザー・インターフェース、タッチ・ディスプレイ、制御ディスプレイなど、他のタイプの外科用デバイスの配備が可能です。こうしたディスプレイは、さまざまなイメージング・システムや画像の管理および制御用に設計されています。


modalities picture
外科用制御室内のコントロール・パネルとディスプレイ




大型手術室用ディスプレイと内視鏡検査用ディスプレイ

Barco surgical user interface
外科用ユーザー・インターフェース



フル HD から 4K へ

解像度がフル HD の 4 倍である 4K の解像度では、画面に表示される細部のレベルが格段に向上しています。臨床医は、さらに細部の解剖画像や臨床関連情報を確認できるようになります。 4K によって、画面の解像度が向上するだけでなく、より広い色域で黒の部分は黒く表示されるようになります。その結果、細部まできちんと正確な色で表示された画像により、血管や神経などの細かい組織の種類や構造をより正確に観察することができるようになります。

奥行き知覚も重要です。4K の解像度により、より広い色域でコントラストがさらに分かりやすい、細部まで鮮明な画像が表示されるようになり、外科医の奥行き知覚も向上します。奥行き知覚により没入感がより一層溢れる環境が作り出され、外科医は手術だけに集中してこれまで以上に正確な手術を行うことが可能になります。

画質を左右する要素

ディスプレイの輝度は不可欠です。バックライトの安定化により、一貫性のある画像輝度を長期にわたって保つことができます。 特別な医療用ディスプレイ技術により、画像のアーチファクトやノイズを取り除き、焦点のあった動画を保証できます。

ローカル・コントラストもまた重要です。統合ルックアップ・テーブルにより、手術室で DICOM のレントゲン画像を正確に表示して、暗部が必要以上に明るくなるのを防ぎます。

広い色域や角度から外れた場合、つまり外科医がディスプレイ正面に直接立っていない場合に、色が変化しないようにするなどもまた画質を維持するうえで重要な要素と言えます。


外科用ディスプレイは画像誘導による手術を行う外科医の目の役割を果たしています。卓越した画質により、外科医は正確な深さと色を知ることができ、安全で効率の良い処置を行うことができます

衛生

手術室では衛生が極めて重要です。外科用ディスプレイは汚染物の拡散を防ぐよう設計されています。ベント冷却機能を備えたこうしたディスプレイは、ファンを必要としない設計で簡単に清掃と消毒ができます。

安全性

一部の外科用ディスプレイには、バックアップ信号を常時確保するために自動フェールオーバー機能が搭載されています。これは、技術的な故障の場合にも、外科医および手術室スタッフにとって外科手術中に必要となる重要な全情報を引き続き表示できるということです。

Barco failover system for surgical displays

外科用ディスプレイのほとんどは、手術室が乱雑にならないよう設計されています。外科用アームやブームに取り付けることができ、ケーブルは見えないようにきちんと配線されており、画面は通常傷つきにくい仕様になっています。外科用ディスプレイはすべて、医療用ディスプレイとして認定されるために医療証明書の取得が義務付けられています。

ビデオ統合

外科用ディスプレイは、ビデオ統合システムを使って管理することができます。外科用ディスプレイの中には、統合システム経由でのビデオ信号の変換や配信が可能になる統合アダプタを搭載したものもあります。

結論

外科用ディスプレイは、手術室の外科医や臨床医向けに、内視鏡画像、外科手術用フィード、脳活動、バイタルサイン、レントゲン、患者データなど多数の重要な情報を提供します。外科用ディスプレイの画質は外科医の手先と目の連動した動きに影響し、ひいては手術の成否にかかわるため、極めて重要です。手術室の衛生と安全を確保するために医療グレード設計が必須です。

さらに興味がある場合

Barco の外科用イメージング製品ラインナップの紹介はこちら