Barco Logo

乳房の健康への道のりを照らす

早期発見から正確な診断まで

ようこそ

日頃のご愛顧ありがとうございます。

乳がん啓蒙月間にちなんだBarcoのキャンペーンをお知らせいたします。

「乳房の健康への道のりを照らす」のスローガンの下、早期発見と正確な診断に着目する企画です。がんか否かに関わらず、早期発見と正確な診断が患者さんの乳房の予後を決定する根本的な要因となるからです。

Barcoは、皆様からのご質問にお答えしてサポートさせていただきたいと考えております。

このページに注目してください。10月を通して情報を追加していきます。


導入のブログ投稿を読む

早期診断の重要性

多くの女性にとって、乳房の健康を維持するためにまず必要なのは、定期健診を受けることです。

さらに、健康状態にまったく問題がない場合でも、乳房の健康について主治医や婦人科医と話し合うことが大切です。


スクリーニングとセルフテストの詳細

乳房に異変が見つかった場合、どうすればよいですか?

たとえば、定期的なスクリーニングマンモグラムで乳房に異変が見つかった場合は、その部位をさらに詳しく検査する必要があります

これにより、多くの医療の予約を取ることになるかもしれません。以下で、最も一般的に使用される画像検査の概要、および病気の診断に画像が役立つ理由をご確認ください。


乳房画像検査の詳細を見る

画像検査:概要

マンモグラム

  • 線量が非常に低い放射線を使用
  • 細部を詳しく表示
  • 乳房3D画像の別バージョンとしてトモシンセシスを利用可能
  • 密な組織では分析がやや困難になる可能性

超音波

  • ジェルと音波を使用
  • 密な組織を観察
  • 体液と固形腫瘤を区別
  • 主に生検中に利用

MRI

  • 人体に無害な電波と磁石を使用
  • 軟組織を細部まで観察
  • 誤診を除外するための追加検査であり、必須ではない
  • 乳がんの危険因子(家族歴など)がある方にも実施可

インタビュー

コルトレイク(ベルギー)のAZ Groeninge病院で乳房放射線科医を務めるFrancis Devlies医師にインタビューし、乳房スクリーニング検査がどのように行われ、Devlies医師たちが乳房画像をどのように分析しているかについてお聞きしました。

撮影した乳房画像と生検を誰が分析するのですか?

乳房検査の瞬間と結果が通知される瞬間の間に何が起こるのか不思議に思うかもしれません。撮影した画像や生検を誰がどのように分析しているのでしょうか?

乳房画像を放射線科医が検査されます。

乳房画像(マンモグラム、超音波スキャン、MRIスキャンなど)は、乳房の構造と画像に関する専門的トレーニングを受けた放射線科医によって分析されます。彼らの専門分野はマンモグラフィーと呼ばれています。

病理医が生検を行う

医用画像とは対照的に、生検では視覚的な情報だけでなく、病変が疑われる部位からごく小さな組織片を採取して検査します。

少し怖いと感じるかもしれませんが、生検を行うことで、診断や治療に役立つ多くの情報が得られます。放射線科医は、医用画像を撮影し、体の中を視覚化して診断することを専門としています。同様に、病理医は、実際の組織の分析を専門としています


放射線科医と病理医についてもっと知る

検査から診断へ

必要なすべての検査が完了すると、撮影した乳房画像を放射線科医が分析し、場合によっては病理医が生検検査を行います。これで、医師が診断を下すことができます。

さらに、検査結果から医師が下した診断に基づいて、医療チームが必要な治療計画を立てます

 

診断に基づく治療計画

医療専門家の皆様へ

Barcoの医療用ソリューションにご関心をお寄せいただく皆様を、サポートさせていただきます。

はい、Barco グループの製品とサービスについては、私までご連絡ください。
当サイトは reCAPTCHA によって保護されており、Google の プライバシー ポリシーおよびサービス規約が適用されます。