Barco Synergi

医療コラボレーション向けソフトウェア


  • 患者の症例をより効率的に協議
  • 報告およびフォローアップを合理化
  • がん治療への取り組みを強化

Barco Synergiについて

最適な治療法を導き出す

Tumor Board や多分野融合チームが最良の治療法を導き出すには、がん治療専門職が集まるだけでは十分ではありません。その場に集まった全員が患者データ、画像、臨床例などを同時に共有できることこそが、成功のカギを握っています。

ベンダーニュートラルな Barco Synergi™ プラットフォームを利用することで、Tumor Board や多分野融合チーム・ミーティングの準備を簡略化し、コラボレーションを増やし、フォローアップ手順を迅速化できます。維持管理業務が減って柔軟性が向上するため、医療チームはより多くの患者の症例を効果的に検討することが可能になります。



今なら無料で Barco のホワイトペーパーをダウンロード可能


Synergi を導入すれば、多分野融合チーム・ミーティングの効率が格段に向上するだけでなく、患者の紹介から治療開始までの時間もまた大幅に短縮できるようになります。同ツールはまた、ミーティングのパフォーマンスを記録分析し、リアルタイムで結果を提供できるため、サービスの改善点を迅速に把握できます。

- 英国 NHS オックスフォード大学がん治療専門医、Nick Maynard 医師

Synergi によって 3 通り合理化されたミーティング



効率的な準備
デジタル医療記録 (EHR)、PACS、その他のシステムにより関連する患者データに継続的にアクセスできるため、複雑な症例を判別したり、治療法を決める議論の流れを把握したり、柔軟なプランを立てたりすることが可能になります。

シームレスな環境
レントゲン結果、病理報告、その他のリソースにシームレスにアクセスすることで、診断精度が向上します。リモートでも現地でも接続されたすべてのデバイスでコンテンツが最適に表示されるように設定されています。

すばやいフォローアップ
EHR を通してサインオフ手順をデジタルで調整し、患者の待ち時間を減らします。監査記録およびデジタル記録に今後の検討会の出席者が表示されます。


Barco Synergi

仕様

見積もりを受ける