CLM R10+

この製品は現在販売していません。

CLM R10+について

CLM R10+ は、現在市場dで最もコスト効率のよいコンパクトな、10,000 ANSI ルーメン高輝度プロジェクターです。シングルチップ DLP テクノロジーおよび密閉型光学エンジンにより、明るい環境で頻繁に使用使用するアプリケーションに最適です。

明るい環境においてもシャープな画像

CLM R10+ は、独自のピクチャー・イン・ピクチャー機能を特長としており、1 つのスクリーンでデータとビデオの 2 つのソースをどんな組み合わせでも同時に表示できます。CLM は強力な光出力を持ち、中規模から大規模までの会場に対応します。

柔軟なソース処理

CLM R10+ は、現行べてのビデオ形式と放送信号を含めた、幅広いソースを接続することができます。RS232 ポートと TCP/IP ポートには、複数のリモコン・デバイスを接続することができ、た小型軽量で、ノイズ・レベルが低いので、明るい小さい部屋などでは理想的なソリューションです。より高輝度が必要な場合は、スタック使用で対応できます。クワッド・ランプ・システムにより寿命が格段に伸び、保守がほぼ不要になっています。

  • 1400x1050 の解像度
  • プロジェクターまたはライトの光出力 (ルーメン)
  • DMX 制御

特長

CLMR10+は現行のビデオフォーマットから放送フォーマットまで幅広く適応します。RS232、TCP/IPポートで遠隔制御が可能です。小型軽量、ローノイズ設計なので、あかるい場所でも静音ソリューションが可能です。より明るさを要求されるアプリケーションでもスタックすることで簡単に輝度を上げることができます。液冷式で光学部を密閉しているので初期性能を長期にわたり持続できます。また、ランプは4灯式を採用しています。

仕様

Loading

仕様

Loading

見積もりを受ける

サポート

ドライバー、ファームウェア、マニュアル、図面 & ドキュメントなどのテクニカル・ダウンロードについては、当社の製品サポート・ページにご案内させていただきます。

利便性向上のため、当社では最近のドライバー/ファームウェア & マニュアルを選び出しており、以下から直接ダウンロードできます。