OpSpace OpS-210

HD/WQHD/4K ディスプレイ用の中間的なフォーム・ファクタのシン・クライアント

OpSpace OpS-210について

Barco の OpS-210 シン・クライアントは、HD 解像度 (1920 x 1080) のディスプレイ 2 つまで、または WQHD 解像度 (2560 x 1440) のディスプレイ 2 つまで、または UHD/4K 解像度 (3840 x 2160) のディスプレイ 1 つをドライブするために特別設計された中間的なフォーム・ファクタのディスプレイ・コントローラーです。Barco OpSpace ネットワーク型可視化およびコラボレーション環境で使用され、IP ネットワークからのエンコードされたストリームを表示できます。標準 H.264、Barco の低遅延 Video2Data (V2D)、Barco ProServer/仮想ネットワーク・コンピューティング (VNC)、リモート・ディスプレイ・プロトコル (RDP) デコーディングをサポートします。

OpS-­210 は、安定動作のため冗長ネットワーク・インターフェースを実行します。

2 つのディスプレイまでの高密度シン・クライアント

OpS-210 は Barco OpSpace 環境向けに設計および完全認証されています。OpSpace サーバーに接続されると、顧客は、事前設定済みアプライアンスにより、あらゆる場所からネットワーク型ソース情報をキャプチャできます。これらのソースを使いやすいユーザー・インターフェースで表示します。

OpSpace ワークステーションのモニター上の合成デスクトップの一部として、複数のアプライアンスを組み合わせてソースを表示でき、ミッション・クリティカルな用途で真に統合されたワークススペースを実現します。

このシン・クライアントは、最大 12 の HD 品質ソースを処理でき、スマートなマルチビューワとしてビジュアルおよびインタラクティブなコンテンツを配置して、知識共有と意思決定を促進できiます。

特長:

  • Barco OpSpace システム用事前設定済みシン・クライアント
  • Linux ベースの OpSpace オペレーティング・システム
  • 低遅延アプリケーション処理とソフトウェアベースのメディア・デコーディング用 Intel ® i7 Quad Core TM プロセッサー
  • HD 解像度 (1920 x 1080) のディスプレイ 2 つまで、または WQHD 解像度 (2560 x 1440) のディスプレイ 2 つまで、または UHD/4K 解像度 (3840 x 2160) のディスプレイ 1 つをドライブ
  • 最大 12 の HD ソースまで処理
  • ユニバーサル IP ストリーミング・ビデオ・デコーディング (H.264、V2D、ProServer/VNC、RDP)
  • 静音操作
  • 中間的なフォーム・ファクタ
  • 冗長ネットワーク・インターフェース

OpSpace OpS-210

R9821004
R9821104
今すぐ見積もりを依頼する
サポート
仕様書をダウンロードする

サービス

皆さまのビジネスが当社の優先事項です。そのため、Barcoのサービスプログラムは、ポジティブなビジネス面の成果を連携して実現するように設計されています。

当社の使命は、以下の利点を通じて皆さまと皆さまの顧客のために最も輝かしく最も信頼性の高い成果を実現することです。

✔ 最初から適切な活用
✔ 究極の安心感
✔ 効率とROIの最大化
✔ 追加のサービス収入

Barco Servicesについて知る

仕様

Loading

仕様

Loading

見積もりを受ける

サポート

ドライバー、ファームウェア、マニュアル、図面 & ドキュメントなどのテクニカル・ダウンロードについては、当社の製品サポート・ページにご案内させていただきます。

利便性向上のため、当社では最近のドライバー/ファームウェア & マニュアルを選び出しており、以下から直接ダウンロードできます。

メディア

当社の新しく改善されたメディア・センターでは、すべてのメディア、パンフレット、プレゼンテーション、ホワイトペーパー & マーケティング・ダウンロードを見つけることができます。

メディア・センターに進む