XHD-200

この製品は現在販売していません。

XHD-200について

Barco メディア・サーバーは、非常にユニークな機能を提供し、ビデオ・プロフェッショナルがアイデアから実現までショーを簡単に開発できるようにする完全統合型ビジュアル・プロダクション・システムです。高速かつ簡単にプレビューをセットアップしてショー環境を管理でき、クリエイティブなアイデアと、それを実現するディスプレイ・システムとの間での完璧な連携を可能にします。

X-Agora 採用

Barco は、そのメディア・サーバー・ソフトウェアに X-Agora ソフトウェアを組み合わせています。このソフトウェアは、スケーラブルであり、ポピュラーなメディア形式と互換性があり、各種センサーおよび入力との接続性をサポートし、高度でありながらも使いやすいプロジェクション・マッピング・ツールを使用して極めて困難な表面にコンテンツを配置させることが可能です。そのインタラクティブなメディア・システムがリアルタイムでデータをキャプチャして処理し、さまざまなタイプのディスプレイにインタラクティブなメディア・コンテンツを生み出します。

Barco メディア・サーバーが優れている理由

  • 設計からショーまでプロジェクトを作成する統合型エンドツーエンド・ワークフロー・ソフトウェア
  • ユニークかつパワフルな「プロジェクション研究」ツールが創作での困難な作業を負担
  • ショー環境の簡単 3D 可視化
  • 学習、使用、配備かシンプル
  • 双方向性を提供

特長

Projection study/3D simulation

  • Video projection simulation and virtual projectors
  • Luminance and pixel density visualization of the projections
  • Shadow previewing
  • Measuring tools
  • External model importation (.FBX, OBJ., DWG. And SVG.)
  • WYSIWYG interface for presenting the projector setup to a client
  • Built-in tool for fast projector array creation (wizard)
  • Multiple 3D views
  • Projector stacking option

Content production templates

CONTENT TEMPLATE VIEWPOINTS

  • Intuitive interface to choose creative viewpoints used in templates

TEMPLATE EXPORT

  • Cinema 4D, 3DS MAX, MAYA templates for 3D productions through .FBX exportation
  • 2D pixel space for compositing tools (After Effects)

CONTENT IMPORT

  • Automatic content splitting for ultra-high resolution support on multiple computers
  • Standalone media encoder from image sequences or other video formats

Timeline programming & show virtualization

  • Generative content; particles and shaders
  • TUIO/OSC support for interactivity
  • Timeline transition tools
  • Non-linear timeline playback with cross timeline “Timecues”
  • Content previsualization on 3D model
  • ArtNet output support
  • 2D output for LCD/LED
  • Low latency live input

On-site projector calibration and blending

  • Projector calibration based on the real 3D model of the projected surface: reverse mapping technique
  • Multi-user network system architecture using a virtual/physical target matching method on the surface features
  • Automatic real-time edge blending computation when using the reverse mapping
  • Support for multiple UV channels
  • Support for dynamic mapping with virtual projections
  • Simple warping tool
  • 4 point keystone calibration
  • Support for manual linear edge blending

Playback

  • Black and white alpha mask support
  • ArtNet output
  • Each layer can be mapped and composited independently
  • Projective texturing for timeline media
    • Video: Wide range of video codec supported
    • Image: PNG with transparency, JPEG, BMP, TIFF.
    • Audio: Uncompressed WAV, Stereo
    • SMPTE: SMPTE input for timeline synchronization

仕様

Loading

仕様

Loading

見積もりを受ける

サポート

ドライバー、ファームウェア、マニュアル、図面 & ドキュメントなどのテクニカル・ダウンロードについては、当社の製品サポート・ページにご案内させていただきます。

利便性向上のため、当社では最近のドライバー/ファームウェア & マニュアルを選び出しており、以下から直接ダウンロードできます。