バーチャルリアリティーシステム

バーチャルリアリティーを使用することで、さまざまな市場でプロフェショナルユーザーに多くのメリットを提供できます。エンジニアによる早い段階での車両設計の評価、潜在顧客による建設前の建物の確認、チームでの難しい作業手順のバーチャルトレーニングなど、無限に近い可能性を秘めています。 

個人VRとグループVR

多くの企業は、ヘッドマウント式デバイス(HMD)を使用してVRの最初の一歩を踏み出しています。HMDは比較的簡単に低コストで仮想環境のメリットを提供しています。ただし、HMDの欠点として利用できるのは一人だけであることが挙げられます。相互のやり取りやコラボレーションは不可能であり、また周辺視野が欠如することで多くのユーザーに閉じ込められた感覚を与えています。こうした欠点に対処するために、バルコはグループVRシステムの使用を進めています。イマーシブ環境とシースルーアクティブ3Dメガネ(映画館で使用するようなメガネ)を使用することで、人々は仮想環境に没入しながら、お互いを見ることができ、したがって、コラボレーションと相互のやり取りが可能になります。 

バルコのバーチャルリアリティーディスプレイ製品ラインナップは、多様なイマーシブ環境を提供します。ユーザーの要件に応じて、さまざまな導入環境に対応する平面のPowerwalls、最大6つの投影面で広いイマーシブ環境を作り出すCaves、そしてこれらのソリューションを組み合わせた会議室向けのイマーシブスクリーンであるCanvasを提案可能です。

20年以上VRのビジュアライゼーションに取り組んできたバルコは、業界屈指の経験と実績を誇る企業です。VRシステムのすべてのコンポーネント(スクリーン、プロジェクター、プロセッサー、マウントなど)を設計および製造しているため、高い品質のシステムの提供が可能です。 

ソリューションをアップグレードしてください

すでにバルコVRシステムを使用されている場合は、新しい機器を追加することでソリューションを簡単にアップグレードできます。現在のニーズに応じて、新しいプロジェクター、新しい画像プロセッサー、または新しいスクリーンをご利用いただけます。このセクションでは、さまざまな選択肢についてご紹介します。