プロジェクション・マッピング

最近ではあらゆるメディアが人々の注目を集めようと競い合っていますが、誰もがあっと驚くクールなエンターテイメントを提供できるという意味ではプロジェクション・マッピングが何よりも際立っています。プロジェクション技術とは静的な物の表面 (ほとんどの場合が建物) に動きのある光の幻想を投射する技術です。この見事な技術を使えばこうした表面をダイナミックなディスプレイに変えることができます。プロジェクション・マッピングでは 3D のライブ・アニメーションにより、不規則な形状であれどんな表面でも注目度抜群の仮想ステージに変身させてしまいます。

Barco 提供

Barco プロジェクターによって提供される 3D プロジェクション・マッピングが、人気のある公共会場でブランドの世界観を生き生きと表現し、世界中の観衆を魅了しています。Barco の画像処理製品ラインナップや大会場用プロジェクターは、超高輝度の完璧なミックス、シームレスな画像ブレンディングおよび強い耐久性を提供します。

最適なプロジェクターを見つける

Projection mapping at King Abdulaziz Center for World Culture

設置に最適なレンズを見つける

お客様のアプリケーションに最適なレンズを選択するのが難しい場合があるかもしれません。当社のレンズ計算ツールを使えば、この作業が簡単になります。お客様のニーズに最適なプロジェクター・レンズが選択できます。

構成の開始

プロジェクト・マッピング史簡略版

映画が登場した当初より、物の表面に画像を投影するという技術は存在していましたが、今日見られるようなプロジェクション・マッピングは、90 年代後半に影響を受けた様々なスタイルの集大成です。プロジェクション・マッピングは長年 3D マッピングまたはビデオ・マッピングと呼ばれてきました。初期にはテーマパークや美術館でマネキンに画像を投影して生きているように演出する手法などありました。2007 年以降になって、映像演出家がグラフィック面での実験を繰り返しながら舞台装置技術として使い始めました。後には再びコンテンポラリーダンスや演劇に登場するようになりました。

そうなると当然プロジェクション・マッピング専用ソフトウェアも登場します。プロジェクション技術も同様に向上したことで投影対象は公共スペースへと広がり、プロジェクション・マッピングは瞬く間に都市芸術の一つへと発展しました。最も初期の作品にはフランス人の電子系アーティスト Etienne De Crecy 氏が 2008 年に発表した、催眠効果を使ったミニマリストショーなどがあります。ナイトクラブやイベントで VJ もまたマッピングを使うようになりました。

2D から 3D プロジェクション技術へ

同じころ、マッピングは 2D から 3D へと進歩しました。公共の建物は業界でいう“キャンバス”として使われ出しました。イベントの主催者Zhangjiakou City cooling tower illuminated by Barco UDX-W32 projectorsは構造に命を吹き込むことで、イベントをますます洗練されたものに仕上げることができるようになりました。これには使用する投影面のコンピューターモデルを制作する必要がありました。プロジェクターが高機能になればなるほど、デザイナーもより多くのものを望むようになりました。プロジェクションの規模が大きくなるにつれて、各イベントのストーリー性が重要な意味を持ち始めたのです。

その結果、高機能なプロジェクターを使って息を飲むようなプロジェクションをますます大きな建造物に投影できるようになり、噴水や彫像、さらにはフーバーダムにまで投影できるようになったのです。

最近ではよく展示会の一環として建物内部や産業用地で大規模なプロジェクションが行われています。南フランスの先駆的な “Carrières de Lumière” プロジェクトでは、今は使われていない大理石採掘鉱山内に芸術作品や文化財の壮観な画像を投影しています。2018年 には “Atelier de Lumière” もパリでギュスターヴ・クリムトの作品を使った同様の展示を行っています。

ソーシャルメディアで視聴体験を共有

プロジェクション・マッピングをパワフルにする要素の 1 つは、それがソーシャル・メディアと理想的に適合することです。建物のアーキテクチャが先導的な役割を果たし、その存在感が観衆に働きかけて、見ている人々にそのビデオ・プロジェクションを記録してオンラインで共有したいという気持ちを駆り立てます。こうして、メッセージがさらに多くの観衆に到達します。忘れがたい視聴体験で観衆の心をつかむことは、ブランド認知を構築する上で極めて重要です。

注目の製品

大会場用プロジェクター

大会場用プロジェクター

大会場およびイベント用に最大 75,000 ルーメンの高信頼ランプおよびレーザー蛍光体プロジェクター。

詳細はこちら
プレゼンテーション・スイッチャーおよびスクリーン管理

プレゼンテーション・スイッチャーおよびスクリーン管理

ビデオプロセッシングとプレゼンテーションの制御システム

詳細はこちら
常設用プロジェクター

常設用プロジェクター

中小会場向けで、最大 13,000 ルーメンのプロフェッショナル向けプロジェクター。

詳細はこちら
画像処理

画像処理

幅広く取り揃えた画像処理ツール、メディア・サーバーおよびコントローラー

詳細はこちら

ニュースレター購読にご登録ください

いますぐ登録を行って、Barco から季刊ニュースレターを直接メールでお受け取りください。

今すぐ登録する