緊急オペレーションセンター

緊急サービスの対応能力を最適化

災害の発生時、緊急オペレーションセンター(EOC)では、危険の性質と重大度を評価するための高度なビジュアライゼーションツールが必要になります。また同時に、リスクを分析して現場の対応チームを指揮するための、革新的なコントロールルーム向けテクノロジーも必要です。EOC向けのBarcoビジュアライゼーション&コラボレーションソリューションを利用することで、緊急オペレーターや意思決定者は緊急事態の発生時にも大局を明確に把握し続け、重要な決定をサポートすることが可能になります。

 

お問い合わせ

緊急対応を合理化

緊急オペレーションセンターのオペレーター

サポートする対象が救急医療、治安維持業務、消防活動、公的緊急サービスなど何であれ、サポート業務を行うには常に信頼できるビジュアライゼーションシステムが必要です。Barcoのビジュアライゼーション&コラボレーションソリューションを利用することで、緊急オペレーターや意思決定者は一日中正確で間違いのない画像に基づいて重要な決断を下せるようになります。Barcoは業務の規模とニーズに応じて、長年にわたり使用できるコスト効率の高いLCD、LED、リアプロジェクションのビデオウォールを提供します。

 

より迅速な対応と解決

オンコールの緊急サービス

緊急対応を効果的に行えるかどうかは、情報がどれだけ適切に提示されるかにかかっています。Barcoのビジュアライゼーションソリューションなら、個々のオペレーターのニーズに合わせてカスタマイズされたワークスペースで、関連するすべてのインシデント情報をリアルタイムに収集して表示できます。たった1つのキーボードとマウスで、個別にセキュリティ保護されたネットワークからの情報も含むすべての情報にアクセスできるため、情報の処理とインシデントへの対応をはるかに迅速に行えるようになります。

コントロールルーム内外でのコラボレーション

Barcoソリューションを利用すると、オペレーター、意思決定者、初動対応者の間でビデオやデータを安全に共有できます。リモートの意思決定者との相談が必要な場合や現場の対応チームと通信しなければならない場合でも、Barcoのビジュアライゼーション&コラボレーションソリューションは必要な状況情報をすばやく入手するのに役立ちます。

Barcoのメディア配信プラットフォームは、ネットワーク中心型のオープンインターフェース設計で業界標準にも準拠しており、柔軟性と拡張性に優れたモジュラー型システムは、長年にわたる運用が可能になっています。さらに必要に応じて、新技術やサードパーティのテクノロジーを導入することも容易になっています。

 

お問い合わせ

可視化のあらゆる側面における卓越性

緊急オペレーション・センターの最新情報

問い合わせる

ご質問がある場合は、お気軽にお問い合わせください。 当社チームが正しい方向へと向かうよう喜んでお手伝いしいます。

はい、Barco グループの製品とサービスについては、私までご連絡ください。
当サイトは reCAPTCHA によって保護されており、Google の プライバシー ポリシーおよびサービス規約が適用されます。