送電/配電コントロールセンター

エネルギーの供給を24時間体制で監視する設備のための設計

公益事業者は、日常生活や企業活動に必要不可欠な電力、石油、ガス、水などのサービスを提供するという、非常に重要な責任を担っています。エネルギーの生産および伝送を最適な状態に維持するため、Barcoのコントロールルーム向けソリューションはすべての動的データを可視化します。また、送電網や配管網の詳細情報のみにとどまらず、サービス提供地域を示すマップも表示します。Barcoのコントロールルーム向けソリューションは、クリティカルな業務を24時間体制で遂行するオペレーターのニーズに応えるツールを提供します。

お問合せ

デジタルトランスフォーメーションを加速

ベルギーの送電コントロールセンター

エネルギー部門や公益事業部門では、デジタルトランスフォーメーションへの注目がますます高まっています。デジタルトランスフォーメーションにより、顧客とのコミュニケーションの改善、設備運用の合理化、プロセスの自動化、効率の向上などの面で大きな成果が期待できます。Barcoでは、デジタルトランスフォーメーションにおけるリスクの低減に貢献する、事前検証済みのテクノロジーを提供します。これらのテクノロジーは、組織の成長に合わせて、お客様のニーズに基づきシステムの構成要素として個別に実装していくことができます。BarcoのビジュアライゼーションソリューションとコラボレーションソリューションはSCADAに依存せず、どのデータプロバイダーの製品とも互換性があるため、これらのソリューションを活用することで最先端のコントロールルームへの変革をよりスムーズに進めることができます。

共通状況図を保護

Barcoのソリューションは、確かなセキュリティと安定した環境を提供して、使用しているテクノロジーに気を取られることなく24時間365日オペレーションに集中できるよう支援します。オペレーターや管理者は、個別の分離されたネットワークからリアルタイムの情報を収集し、共通状況図や人間工学に基づいて設計されたオペレーター用ワークスペースを利用して、OTおよびITのソースを確認、操作できます。Barcoのコントロールルーム向けソリューションは、各種の規制要件に幅広く準拠しており、サードパーティによるサイバーセキュリティの脆弱性スキャンにも合格しています。

耐用年数とROIを最大化

Barcoは、共通状況図(COP)を24時間稼動できるようサポートを提供します。顧客への効率的で中断のないサービス提供を確保し、最大限の収益性を実現するために設計されたコントロールルーム向けソリューションに、長期サポート、技術アップデートの簡素化、耐用年数の最大化のための包括的なサービスプログラムを組み合わせることで、ソリューションによるメリットの活用を保証します。

重要なワークフローを効率的に管理

オペレーションの現場においては、人間工学と効率性は密接に関係しています。Barco OpSpaceをはじめとする、コントロールルームの環境に最適化されたBarcoのソリューションは、オペレーターを念頭に置いて特別に設計されています。コントロールルームでの作業を担当する専門家は、コンテンツをより効率的に表示してすばやく共有できることで、重要な決定をより迅速に行えます。Barcoのソリューションでは、状況に応じてコントロールルームのワークフローを容易に調整できます。ビューの変更、新しいステークホルダーやビデオウォールの追加、追加の小会議室や外部サイトへの接続などの機能も備えています。また、Barcoのメディアプラットフォームによって、コントロールルームの内外を問わず、コンテンツをセキュアな方法で収集および配信できます。

最新のお客様事例

詳細はこちら

パンフレットをダウンロード

送電および配電市場におけるOpSpaceの詳細をご確認ください

エネルギーおよび公益事業のコントロールルームにおけるOpSpace

 

パンフレットのダウンロード

問い合わせる

ご質問がある場合は、お気軽にお問い合わせください。 当社チームが正しい方向へと向かうよう喜んでお手伝いしいます。

はい、Barco グループの製品とサービスについては、私までご連絡ください。
当サイトは reCAPTCHA によって保護されており、Google の プライバシー ポリシーおよびサービス規約が適用されます。