腫瘍学

医療におけるコラボレーションの向上

がんは慎重な治療が必要なとても複雑な病気です。 通常、治療法は腫瘍症例検討会または多分野融合チーム (MDT) によって協議されます。 これらを協議することで、外科医や放射線科医などの医療専門家を収集し、患者にとって最良な治療法を決断します。

問い合わせる

相乗効果: 最適な治療成果 

腫瘍症例検討会や多分野融合チームが最良の治療法を導き出すには、がん治療専門職が集まるだけでは十分ではありません。 その場に集まった全員が患者データ、画像、臨床例などを同時に共有できることこそが、エンゲージメントを高めるためのポイントです。

ベンダーニュートラルな Barco Synergi™ プラットフォームを利用することで、腫瘍症例検討会や多分野融合チームによる会議のの準備を簡略化し、コラボレーションを増やし、フォローアップ手順を迅速化できます。 維持管理業務が減って柔軟性が向上するため、医療チームはより多くの患者の症例を効果的に検討することが可能になります。

Barco は、これらの専門医がより多くて複雑な患者の症例を協議するための、より効果的な方法を提供します。 患者ファイルの全体像や関連する臨床治療の詳細を提供し、報告やフォローアップの効率を上げることで、がん治療専門職とのコラボレーションを促進します。 この方法はがん専門医の助けとなり、他の臨床医は貴重な時間を空けることができます。 つまり、患者と接する時間が増えます。

腫瘍学の最新情報

問い合わせる

ご質問がある場合は、お気軽にお問い合わせください。 当社チームが正しい方向へと向かうよう喜んでお手伝いしいます。

はい、Barco グループの製品とサービスについては、私までご連絡ください。
当サイトは reCAPTCHA によって保護されており、Google の プライバシー ポリシーおよびサービス規約が適用されます。