コントロールルーム

1800 年には、この地球上に 10 億人の人口がありましたが、そのうち 3% が都市部に住んでいました。わずか 200 年後の現在、70 億人が地球上に存在します。このうちの半数が都市部に居住します。こうした爆発的な人口成長がインフラに影響を与えるのは明らかです。こうした課題に取り組む唯一の方法は、よりスマートなシステムの構築です。

Barco、スマートな未来を創造する

したがって、データ収集、配信、監視が、ますます重要となります。可視化およびネットワーク型配信ソリューションの最先端企業として、Barco はスマートな未来を創造します。安全保障や通信での交通管制から、公益事業やプロセス制御システムまで、Barco は高信頼の管制室可視化システム用に必要なビルディング・ブロックを提供します。

画像およびデータ管理に最適なパースペクティブ

当社のネットワーク型可視化システムは、情報のリアルタイム配信に対応します。距離を問わず、任意の場所からあらゆるデータ量を送信でき、任意のスクリーンで表示できます。システムの絶大な柔軟性により、別のプライベート・ネットワーク上でも情報共有できるので、たとえば、警察や病院も安全な手段で必要な情報を共有できます。これは、異なる部門やパブリック・サービス間の協力を促し、総合的なシステム・インテリジェンスを向上します。

コントロール・ルーム管理における市場リーダーが提供する個別ソリューション

Barco は、すべての市場および環境を対象に、コントロール・ルーム・ソリューションを設計、設置、統合、接続することにおけるグローバル市場リーダーです。あらゆる規模のソリューションの設置を毎年何百も成功に収めている Barco は、お客様のニーズを見極め、要件を明確にし、理想的なソリューションをカスタマイズして、幅広いサービスで継続的にサポートします。お客様のビジョンを実現するお手伝いをいたします。

スマートなシステムにとって重要な要素は、情報です。より多くのデータが利用できれば、よりよいソリューションが生まれます。多種多様なプレーヤーからのセンサー情報をデータベースに組み合わせることで、ある時点での状況をよりよく理解できるようにします。

注目の製品

レーザービデオウォール

レーザービデオウォール

輝度、色、環境配慮、寿命に優れる Barco の週 7 日 24 時間コントロールルーム用フラッグシップ・レーザー・シリーズは、リアプロジェクション・ビデオウォールにおける新しいゴールド標準です。

詳細はこちら
LCD ビデオ・ウォール

LCD ビデオ・ウォール

プログレード、ナローベゼル LCD ディスプレイは、中小規模のコントロール・ルームにおけるタイル型ビデオ・ウォール用途向けに設計されています。

詳細はこちら
LED リアプロジェクション・ビデオウォール

LED リアプロジェクション・ビデオウォール

さまざまな画面サイズとフォーマットがある、バルコの LED-lit リアプロジェクション・ビデオ・ウォールは、あらゆる制御室に最適です。

詳細はこちら
ビデオウォール・コントローラ

ビデオウォール・コントローラ

様々なビデオやデータソースをどんなビデオ・ウォール構成にも表示します。

詳細はこちら
コントロールルーム・コラボレーション

コントロールルーム・コラボレーション

Barco の使いやすい ソフトウェアで、コントロールルームやビデオ

ウォール、手術を自由自在に管理できます。

詳細はこちら
企業とコントロールルーム向けのネットワーク型ソリューション

企業とコントロールルーム向けのネットワーク型ソリューション

Barco の業務用コラボレーション・システムは、高速、簡単かつセキュアな方法で組織全体にデータを配信します。

詳細はこちら
コントロール ルーム サービス

コントロール ルーム サービス

適切な技術を選択し、可視化ソリューションの設置と統合を行い、Barco のコントロール・ルーム・サービスでシステムの保守を行います。

詳細はこちら
アップグレード・キット

アップグレード・キット

既存のコントロールルーム可視化ソリューション向けテクノロジー・リフレッシュ・サービス

詳細はこちら
プレゼンテーション スイッチャー

プレゼンテーション スイッチャー

ビデオプロセッシングとプレゼンテーションの制御システム

詳細はこちら

ニュースレター購読にご登録ください

いますぐ登録を行って、Barco から季刊ニュースレターを直接メールでお受け取りください。

今すぐ登録する

今後のイベント

DistribuTECH 2018

23 1月 2018 - 25 1月 2018

その他のイベント

コントロールルーム管理者の大きな課題

新しい開発と要件についての専門家インタビュー

お奨めの記事

仕様について

仕様がすべてを物語れない理由