Products

より持続可能な未来に向かって前進するために、Barcoはさまざまな取り組みを進めています。

Barcoは「地球」、「人」、「コミュニティ」の3つを柱としてサステイナブル(持続可能な社会)の実現に取り組んでおり、それぞれの柱で弊社が果たすべき役割を確実に遂行しようと努めています。

これは「Barcoが何を実現するために存在する企業なのか」という点だけではなく
それを達成するための「方法」にも関係してきます。

 

サステナビリティ(持続可能性)を達成することは、例えば、エネルギー消費をより効率的なものにするソリューションを考え出すことだけではなく、Barcoの従業員が各国・各地域の社会全体の発展に貢献するための能力開発を継続的に支援することを「慣例として」実施することから始まります。Barcoにとって、サステイナブル(持続可能)な社会の実現は業務遂行の上での重要な柱の一つです。

Barcoは以下の目標を掲げています。

  • Barco自身の事業運営において地球環境に影響を与える二酸化炭素排出量を最小限に抑えるのみならず、お客様が弊社製品を使用する場面においても二酸化炭素排出量の削減によって貢献する。
  • 魅力的かつ健全で充実したキャリア構築を可能にし、サステイナブルな雇用環境を実現するべく必要な投資を行う。
  • 互いの多様性を尊重しあえる職場と労働環境を構築する。
  • 高水準の倫理基準と製品の品質基準を維持し、地域社会の発展に向けて必要な役割を積極的に担う。 
  • Barcoの製品、ソリューション、サービスを通して、お客様に新たな付加価値を提供する。人が積極的に社会参画して多様な考え方に触れることで、より多くの恩恵を享受できるように支援する。

サステナビリティ(持続可能な社会)の実現に向けたBarcoの取り組みと実績は、複数の独立機関によって厳正に評価されています。(詳細を見る)

Barcoの企業責任として、持続可能な社会の実現に向けた戦略を軌道に乗せるためにガバナンスも強化します

ガバナンス強化への取り組みはBarcoの経営戦略の実効性の担保と、結果への説明責任を経営陣が負うことへの確約でもあります。

Barcoの対外的な取り組みについて

Barcoは自社独自の取り組みのみならず、外部団体が主導し、外部プラットフォームを活用した取り組みにも共同で取り組んでいます。外部の厳正なガバナンス評価を真摯に受け止め、積極的に外部からのアセスメントをサポートしています。

Barco自身のみならず、お客様が弊社製品を使用する場面においても環境影響物質の排出削減に貢献

Barcoは他の多くの企業と同様に「実際のエネルギー使用量」と、その中に占める「自然エネルギーの割合」という2つの側面から、カーボン由来のエネルギー使用に対処するための継続的なプログラムを実行しています。エネルギーの全体使用量は市場変化に伴って、時間経過とともに変化する可能性を含んでいます。しかしそうした中でも再生可能エネルギーの割合を僅かずつでも高める取り組みは欠かせません。2021年時点で当社が使用した再生可能エネルギーの割合は過半数の52%を超えました。 

他の企業に劣らぬどころか上回っているこの数字を誇りに思う一方で、これだけではまだ十分ではないと認識しています。 

Barcoの挑戦  

Barco自身のみならず、お客様が弊社製品を使用する場面においても環境影響物質の排出削減に貢献します。 

  • エネルギー消費が気候変動に与える影響 
  • プロダクトスチュワードシップ(製品ライフサイクル全体に渡る「人と環境への影響」のマネジメント) 
  • 廃棄物のマネジメント

目標 

  • 2023年までに、その時点で弊社に存続している事業領域の合計エネルギー消費を15%削減する(2015年比) 
  • 2023年までに、当社の事業によって排出される温室効果ガスを35%削減する(2015年比) 
  • 2025年までに、温室効果ガスの絶対排出量を45%削減する(2015年比) 
  • 2023年までに、Barcoの全収益の70%以上が「Barcoエコラベル」が付与された製品の製造販売によって得られるような収益構造とする。 
  • 2023年までに、Barcoの全製品におけるエネルギー消費量を25%削減する 

#WeAreVisioneers

Barcoは弊社従業員に占めるネットプロモータースコア(SNSを中心に自社情報をポジティブに発信する従業員の割合)が38.5%にも達し、ビジネス面の格付けを付与する機関から、この領域における最上位として位置づけられています。しかしダイバーシティ(多様性)という領域においては、まだ取り組むべきことがあると認識しています。新型コロナウイルスの感染拡大が世界に解決困難な複雑さをもたらしたことで、ダイバーシティという意識の萌芽・実現・改善に向けた新たな手法が希求されてきましたが、今なお「トレーニング」と「教育開発プログラム」こそが最優先事項であることに変わりはありません。 

Barcoの挑戦

Barcoでは、やりがいがあり、健全で、充実したキャリアを実現するための適切な条件が整えられています。弊社は従業員自らが自由に学んで能力を開発できる企業風土を育み、また心身ともに健全に働ける職場環境を確保しています。また私たちは「一体感のある職場」とは「従業員の多様性を進んで受け入れる職場」であると考えています。

  • 従業員のエンゲージメント(自社への愛着心に根差し「自社をさらに高めたいという思い」と「継続的な発展に関与したいと願う参画意識」)
  • 「学習」と「能力開発」の機会について
  • 従業員の健康・安全・幸福度について
  • ダイバーシティ&インクルージョン(多様性を受容し、各個人に由来する特殊な事情への配慮も欠かさず、それでもなお平等な機会提供に努める) 
  • 労働慣行と人権について

目標

  • 全従業員に占めるネットプロモータースコアが、毎年「30以上」であることを目指す
  • 「学習」および「能力開発」への投資を怠らない
  • 「多様性を受け入れる」ことへの社内の取り組みを強化する

コミュニティを強化し、常に正しいことを行う

献身的な企業市民として、Barcoは世界中の数多くのコミュニティや団体・協会で活動しています。それぞれの国・地域が危機に直面したような場合、私たちは常にそのコミュニティに寄り添い、また支援します。機能的にどのように役割を果たすかという面では、ビジネス倫理に関するガイドライン学び、また身に付けるためのトレーニング機会を提供し、「有言実行」で「声を上げる」精神を育みます。

Barcoの挑戦

Barcoは、最高レベルの倫理規範と品質基準を維持し、また私たちのビジネスパートナーにも同じことを求めています。事業を展開する各国と地域の社会に貢献するために積極的な役割を果たすよう努めています。当社の製品・ソリューション・サービスを通して、お客様に新たな付加価値を提供することを常に目指します。さらに、人々が積極的に社会参画して多様な考え方に触れることで、より多くの恩恵を享受できるように支援します。

  • お客様からのエンゲージメント獲得
  • 製品の品質・安全性およびセキュリティについて
  • 情報セキュリティおよびデータ保護について
  • 企業倫理について
  • 責任あるサプライチェーン管理について
  • コーポレートガバナンス(企業統治と内部統制)
  • 地域社会との関わりについて

目標

  • 全ての従業員に対して、職場における倫理規範の教育を毎年、必ず実施する
  • 2025年までに、米国CMMCによるサイバーセキュリティ成熟度モデルにおいて「平均スコアで3.4以上」を獲得する
  • サステイナブル(持続可能)なビジネス慣行の導入について、弊社へのサプライヤー企業にも一端を担っていただく
  • 毎年、少なくとも1つの新製品をISO27001認証を受けた製品ラインとして加えていく

報告書および関連資料

Barcoは、弊社がどのようにビジネスを行うか、また社外の皆様がBarcoとビジネスを行う際に弊社がどのようなことを皆様に求めるかについて、厳格な立場・ポリシー・声明を持っています。それらは地球環境への影響・倫理的行動・健康と安全など、多くの場面で実現性・実効性を求めるものです。このページでは、Barcoのポリシーとステートメントを説明しています。また説明を補足し、あるいは根拠となる多くの関連資料やウェブサイト(社外も含む)へのリンクも含まれています。

地球環境に対して

コミュニティ

過去の報告書、またはより詳細な情報をお知りになりたい場合は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

Barco logo footer
Barco本社オフィス所在地

Beneluxpark 21
BE-8500 Kortrijk, Belgium
電話:+32 56 23 32 11

登記簿上のBarco本店所在地

Pres.Kennedypark 35
BE-8500 Kortrijk, Belgium
電話:+32 56 23 32 11

Barcoにとってサステナビリティ(持続可能性)とは何を意味するのでしょうか?

地球環境
コミュニティ