ビデオウォール

Barcoのビデオウォールディスプレイソリューションは、常に市場トップクラスの品質を備えています。Barcoでは、各種テクノロジー(LCD、LEDリアプロジェクション、RGBレーザーリアプロジェクション)、サイズ、解像度の製品を取り揃えており、あらゆるビジネスニーズに応える最適なソリューションをご提案します。また、専用ソフトウェアと各種のプロフェッショナルサービスにより、お使いのビデオウォールを最大限にご活用いただけるようサポートいたします。

 

LCDビデオウォール

薄型ベゼル、またはベゼルレスのタイル型ビデオウォール用LCDディスプレイです。

LCD
ビデオウォール

LEDビデオウォール

観る人を強い印象で引き付ける、高解像度の屋内用LEDディスプレイ。

LEDディスプレイ
ビデオウォール

リアプロジェクションキューブ

重要な用途に対応するクラス最高のリアプロジェクションキューブ。

リアプロジェクション
キューブ

ビデオウォールコントローラー

ネットワークコントローラーにより、ディスプレイを問わず、あらゆるソースを配信して表示できます。

ビデオウォール
コントローラ

ビデオウォールとは

ビデオウォール(またはディスプレイウォール)は、複数のディスプレイで構成された大型ビジュアライゼーション装置です。従来は、複数のテレビまたはモニターを隣接設置することで、1つの大型ディスプレイによる画像表示を実現していました。しかしこの方法では、それぞれのテレビの有効な表示画面の外枠のフレーム(ベゼル)が目立つという問題がありました。これでは、やっと作り出した単一のキャンバスによるビジュアル効果も得られず、視覚体験は台無しになってしまいます。そこで導入された新技術は、各ディスプレイの間の「ピクセルを表示しない空間」を最小限に抑えるというものでした。現在のディスプレイウォールソリューションには一般的に、タイル型LCDパネルリアプロジェクションキューブ、またはLEDディスプレイタイルが採用されています。

上述の各種ディスプレイウォールは、さまざまなサイズの製品が販売されており、一般的な画面寸法は46~80インチとなっています。画面サイズを選ぶには、主として表示するコンテンツの内容や視聴者と画面の間の距離が重要です。至近距離で視聴する場合、ピクセル密度は個々のピクセルが視認されない程度に高密度でなければなりません。解像度はウォールのサイズによって異なります。たとえば、4Kビデオウォールが必要な場合は、2x2セットアップで4つのフルHDスクリーンが必要です。

代表的な用途としては、コントロールルーム、会議室、デジタルサイネージ、その他の厳しい要件が求められる環境などでの使用などが挙げられます。

上述の各種テクノロジーには、ユーザー固有のニーズに対応するそれぞれに異なるメリットがありますが、以下のような共通する項目も多数あります。

  • スクリーンにコンテンツを表示するにはビデオウォールコントローラーが必要
  • サイズ(個別ディスプレイの数)に対する柔軟性が高い
  • 各タイルの輝度および色の設定を統一するキャリブレーション機能が必要。Barcoの自動キャリブレーションテクノロジーは、単一ディスプレイとウォール全体のキャリブレーションをリアルタイムで実行可能
  • 「ラスター効果」を軽減するために、タイル間の目地(ベゼル)を最小限に抑えることが必要

LCDビデオウォール

LCDビデオウォールは特別設計のLCDディスプレイで構成されます。テレビに使われるパネルとは異なり、LCDディスプレイには超薄型ベゼルを採用しています。これにより、パネル間の目地は最小限に抑えられ、結果としてウォール全体を1つの大きなキャンバスのように見せることができます。何年にもわたる技術向上により、この目地は徐々に減少してきました。現在、Barco UniSeeではパネル間目地を業界最小クラスにまで抑えています。

LCDビデオウォールは長期間の使用に適しています。焼き付きが発生するリスクを抑える対策が施されており、最適の性能を維持しつつ長年にわたって使用できます。電源をオフにすることがほとんどない状態で、24時間休みなく継続使用するような用途に適しています。

従来より、LCDビデオウォールソリューションの利点は、高輝度、高画質でありながら比較的低価格である点です。また、スペースの限られた場所に設置できる点も利点のひとつです。ただし、焼き付きのリスクがあり、短寿命であるという欠点もありました。最新のモデルでは、こうした問題を解消することに成功しています。

LCDディスプレイウォールは会議室、危機管理室、ロビー、ショールームなどでの使用に適しています。ほかにも、交通機関およびセキュリティセンターのコントロールルームなどでも使用されます。

コントロールルームで使用されるLEDビデオウォール

LEDビデオウォール

最も優れた画質が求められるビデオウォールの開発には、LEDディスプレイ テクノロジーが利用されます。非常に明るく、情報提供やコラボレーションのためだけでなく、見る者を魅了したい場面でもよく使用されます。たとえば、LEDビデオウォールはリテールや広告用途、ショーやライブパフォーマンスに使用されています。最近ではLEDビデオウォールの価格が下がったこともあり、ほとんどの企業がコントロールルームや会社のロビーなどで利用できるようになりました。LEDディスプレイのタイルは、個々に独立した多数のカラーLEDで構成されます。ライブパフォーマンスなど遠距離から視聴する場合、ピクセルピッチは大きくても問題はありませんが、コントロールルームやロビーなどの場合は非常に小さなピクセルピッチが必要となります。

高輝度、タイル間の目地がほぼない、鮮やかなカラーといった点が、LEDディスプレイ技術の主な利点です。また、設置場所によっては、奥行きがあまりない点や軽量性も重要なメリットとなります。

リアプロジェクションビデオウォール

LCDやLEDディスプレイ技術の代わりに投影を用いるリアプロジェクションビデオウォールは、さまざまな用途での使用に適しています。主に24時間無休体制で稼働するコントロールルームで利用されています。たとえば、公益事業者などは、一般にリアプロジェクション技術を使ってネットワークを監視しています。

リアプロジェクションビデオウォールは、プロジェクターとスクリーンを備えた多数のキューブで構成されます。プロジェクターは上向きに設置されており、45度の角度に設置したミラーが画像を反射して、投影画面に画像を映し出します。この機構により、奥行きを大幅に抑えることができます。たとえば、BarcoのOverView ODLFシリーズの奥行きは60cm(23.6インチ)しかありません。また、高度なビデオウォールであるOverView ODLFは、メンテナンスの際に前面からアクセスできるので機器背面で作業をする必要がありません。

リアプロジェクション技術の利点としては、耐用年数が非常に長い、焼き付きリスクがない、キューブ間の隙間が狭い点などが挙げられます。

ビデオウォールの価格を決定する要因

コストは、ビデオウォールソリューションを選択する際の主な判断材料です。ビデオウォールのコストを計算する際には、多くの要素を考慮する必要があります。主な要素は次のとおりです。

  • テクノロジー:3つの主要なビデオウォールテクノロジー(前述)があり、利点と価格がそれぞれ異なります。これまで、最も経済的なオプションは超薄型ベゼルLCDであり、それに続くのがリアプロジェクションキューブとLEDディスプレイでした。近年のピクセルピッチの狭いLEDビデオウォールの価格低下により、このテクノロジーをすべての企業が利用できるようになったため、新しい市場(コントロールルーム、企業のロビー、テレビスタジオなど)もLEDの恩恵を受けることができるようになっています。
  • サイズ:ビデオウォールの優れた点は、モジュール式であるため、必要に応じたサイズとアスペクト比で使用できることです。ただし、大型ビデオウォールは小型ビデオウォールよりもコストがかかることに注意してください。おそらく、「もっと多くのリアプロジェクション、LCDまたはLEDパネルも計算に入れなければ」と思われるでしょう。そのとおりですが、それだけではありません。大型ビデオウォールでは、より多くの駆動コントローラーと、高解像度に対応するための処理能力も必要です。これを考慮に入れることを忘れないでください。
  • 補強:ビデオウォールシステムは、大きくなるほど重くなります。そのため、ビデオウォールを支えるインフラストラクチャに追加の要件が必要となります。リアプロジェクションウォールでは床に対して最も重い負荷が掛かりますが、これが問題になることはほとんどありません。しかし、LEDウォールとLCDビデオウォールの場合、すべての負荷が壁に掛かります。圧力に対処するために、追加の補強が必要になる場合があります。
  • 総所有コスト(TCO):初期投資がもちろん最も目立つコストですが、運用コストの計算も忘れないでください。これには、電力と消耗品(冷却ファン、カラーホイールなど)のコストが含まれます。Barcoのビデオウォールディスプレイは、できるだけコスト効率が高くなるように製造されており、可動部品(摩耗しやすい部品)をできるだけ少なくしています。
  • サービスおよび修理コスト: 高品質のビデオウォールでも、思いもよらない問題が発生することがあります。問題は軽微な場合もあれば深刻な場合もありますが、いずれの場合もコストがかかります。財務部門にとって、コストの予測可能性は非常に重要です。そのため、Barcoでは数多くの包括的なサービスパッケージを提供し、固定料金でダウンタイムが最小限となるよう保証しています。
製品を比較する