Products

LCDビデオウォール:あらゆる環境に対応するイノベーション

BarcoのスリムベゼルまたはベゼルレスのLCDディスプレイは、タイル式ビデオウォールを構成するディスプレイとして最適です。コントロールルーム、企業のロビー、ショールーム、ブランドショールーム、放送スタジオ、大規模な会議室などでの使用に最適な製品として設計されています。

Barcoのポートフォリオは、LEDバックライト搭載55インチLCDディスプレイで構成されます。周囲光のコントロールが必要な環境での使用に適した高輝度、非常に広い色域、これ以上なくスリムなタイル間幅を兼ね備え、タイル式ビデオウォールとして卓越した画像表示性能を実現しています。

これ以上なくスリムなベゼル

LCDビデオウォールの仕様のなかでも特に重要なのがベゼル幅です。ベゼル幅はなるべくスリムであることが望ましいと言えます。ベゼルが太いディスプレイではタイルの切れ目に黒い筋ができるため、最高レベルのビジュアル体験を生み出すことができません。このような影響を緩和するために、最新世代のLCDビデオウォールを構成するディスプレイには極細ベゼルが採用されています。Barco UniSeeは、タイル間の隙間を業界最小に抑え、ベゼルレスディスプレイによるスムーズなLCD画像を実現しました。UniSeeは単にベゼルを排しただけではありません。壁面へのマウントに特化して設計されたメカニズムである「UniSee Mount」により、タイル間のギャップをさらに最小化しています。

LCDビデオウォールのメリット

LCDディスプレイシステムには、リアプロジェクションビデオウォールやLEDビデオウォールなどのディスプレイ技術にはない、さまざまな固有のメリットがあります。

  • 高輝度:LCDビデオウォールの光出力は一般的に高く、特にリアプロジェクションキューブと比較した場合その差は顕著です。 そのため、周囲の明るさがどのような環境でもたいてい問題なく、日中の自然光のもとでも鮮明な画像を表示できます。
  • 手頃な価格:LCDは、コスト面でもほとんどのビデオウォールソリューションより優れています。これに対し、LEDディスプレイは非常に高価なソリューションと言えます。
  • 設置スペースが小さい:リアプロジェクションキューブは奥行が深く、保守作業を行うための背面スペースも考慮する必要があります(前面から保守作業ができる場合は不要)。そのため、設置スペースはかなりのものになります。これに対しLCDビデオウォールで必要なのは、パネルの奥行と壁面取り付け用のスペースのみです(通常は20 cm/7.9インチ未満)。
Garland power usa barco unisee utilities transmission and distribution operations center

Barco UniSeeは、予算の面でも設置スペースの面でも当社の要件をクリアしていました。しかも、こんなに操作が簡単なビデオウォールは初めてです

Matt Carter氏

Garland Power、T&Dオペレーションマネージャー

色と輝度の自動校正

ビデオウォールでは、精度の高い校正も重要です。校正は単一パネルにおいてのみ重要なのではありません。ビデオウォールではウォール全体の色と輝度が完璧に一致する必要があり、その重要性はさらに高くなります。すべてのパネルの出力値を、隣接するパネルと正確に同期させる必要があるということです。

多くの場合この校正作業には長時間を要し、ダウンタイムも伴います。この問題に対処するために、Barcoはリアルタイムの自動校正システムを開発しました。簡単なボタン操作で即時に、またはスケジュールを設定して、ビデオウォール全体の再校正を数秒のうちに実行できます。

ぜひお気軽にお問い合わせください

またご不明な点があれば、いつでもお気軽にお問い合わせください。バルコジャパンチームが喜んでお手伝いいたします。