ClickShare CSM-1

この製品は現在販売していません。

良いことには必ず終わりがあります。この製品は現在販売していませんが、当社の製品開発チームでは仕様を改善した新しいものを製作しています。詳しくはクリックしてご覧ください。

Wireless presentation system for small to medium sized meeting rooms

ClickShare CSE-200

中小会議室向けワイヤレス・プレゼンテーション・システム

ClickShare CSM-1について

ClickShare は、Barco の ワイヤレスプレゼンテーションおよびコラボレーションシステムです。本製品を利用すると、会議の出席者は誰でも会議室の中央に設置された画面にお手元のコンテンツを映し出せます。

比類なきユーザー体験

ClickShare を使用すると、ボタンを 1 回クリックするだけで、お手元のノートパソコン、タブレットやスマートフォンのコンテンツを会議室の大型画面に表示できます。この結果、会議出席者全員が意思決定プロセスにおいて、より積極的に会議に参加することが可能になります。究極の簡易性と比類なきユーザー体験を組み合わせることで、ClickShare を使用する者全員がすばやく画面にプレゼンテーションを表示できます。安定性があり、操作が簡単で、IT 担当者が介入する回数を大幅に抑えられます。

デバイスを利用して、瞬時に画面上に映し出す

ClickShare CSM-1 セットは、USB から電源供給される 2 つのデバイス (ClickShare Button) と 1 台の Base Unit から構成されます。Base Unitは会議室の可視化システムに固定接続されており、必要なすべての処理を行います。Button をお使いの PC または MAC に接続するだけで、プレゼンテーションを会議室の大型画面に映し出すことができます。アプリケーションを起動して、ClickShare Button をクリックすると、デスクトップの画面が大型可視化システムにワイヤレスで直ちに転送されます。もしくは、スマートフォンやタブレット (iOS またはアンドロイド搭載) を使用する場合、 簡単なアプリケーションを利用してコンテンツを共有することもできます。最大で 2 人まで同時にコンテンツを画面上に表示できます。

動作方法

ClickShare CSM セットは、USBから電源供給される2つのデバイス(ClickShare ボタン)と1台のベース・ユニットから構成されます。Base Unitは会議室の可視化システムに固定接続されており、必要なすべての処理を行います。Buttonをお使いのPCまたはMACに接続するだけで、プレゼンテーションを会議室の大型画面に映し出すことができます。アプリケーションを起動して、ClickShare Buttonをクリックすると、デスクトップの画面が大型可視化システムにワイヤレスでただちに転送されます。さらに、ClickShareによりラップトップの解像度が妨げられることがないため、画面内容は自動的に最適な形で表示されます。

自信とコラボレーション

ClickShareは確実に機能します。ラップトップを会議室のディスプレイに接続しようとして無駄に費やした時間のことを考えると、確実に機能するという事実は発表者に大きな安心をもたらします。その結果、確固とした自信を持つことができ、より優れたプレゼンテーションを発表できるようになります。Android や iOS に ClickShare アプリを使用すれば、ユーザーはタブレットやスマートホンからコンテンツを取り出して、ClickShare で会議室のスクリーンに映し出すことができます。

特長

小型でありながらパワフル

ClickShare の CSM Base Unit は会議室向けに考案された製品で、あらゆる企業において予算内で ClickShare の核となる機能をご提供いたします。

ClickShare の一般的特徴

ボタン

Button をお手元のパソコンまたは MAC の USB ポートに接続し、ボタンを押して共有します!

拡張型デスクトップ

拡張型デスクトップを利用して、中央にある画面やお手元のノートパソコンに異なるコンテンツを表示します。

インストール不要

ClickShare は設置面積ゼロのアプリケーションで、クライアント PC や MAC にソフトウェアはインストールされません

モバイル

iPad、iPhone または Android ユーザーは、ClickShare アプリを使用して共有できます

確実に機能する無線

2.4GHz と 5GHz 帯域を利用し、優れた無線接続性を常時発揮します

動画および音声

会議室の AV システムを利用して、30 fps で音声付きで動画を再生します

CSM 独自の機能

ClickShare wireless presentation system CSM

ClickShare CSM セットは、2つのデバイス(ClickShare Button)と1台の Base Unit から構成されます

ClickShare CSM back

クリックして、ノートパソコンの画面を会議室の大きなディスプレイに映し出します

ClickShare wireless presentation system

2 人までのユーザーが画面上で共有

最大で 8 つの ClickShare Button を同時に CSM Base Unit に接続可能

遅延動画/音声 <100 ms

動作方法

ClickShare の開発にあたり、常に 1 つの項目が優先度リストのトップに掲げられていました。それは、すべてのユーザーに対して最も自然なユーザー・エクスペリエンスを創造することです。しかし、当然のことながら、すべてのユーザーや会社が、同じとは限りません。このため、当社では、ClickShare の着手にあたり、あらゆるニーズを満たすように、多くのことを予測しています。

ラップトップ画面の内容を大会議室のディスプレイに送信するため、ClickShare は、デスクトップ・スクレーピングを使用します。これには、使用するコンピュータで実行してグラフィックカードから情報を取得するアプリケーションが必要です。

会議の開始では、ClickShare を使用するため、ユーザーは、ClickShare Button を USB ポートにプラグします。プラグインすると、Button のライトが白く点滅し、ペンディング状態であることを示し、複数のシナリオが可能になります。

  • 1.ラップトップにインストールしない

    スクリーン・スクレーピング・アプリケーションは、ClickShare Button の大容量ストレージ・スペースで利用可能です。My Computer (Windows) または Finder (Mac) でブラウズして ClickShare ドライブを開きます。ClickShare アプリケーションを見つけ、ダブルクリックすると起動できます。アプリケーションが起動されると、ClickShare Button は Base Unit に接続します。

  • 2.サービスのインストール

    会議ごとに起動する手間を省くには、ご使用のラップトップにサービスをインストールする選択が可能です。このスターター・サービス・インストーラーは、ClickShare ドライブでも見つけることができます。インストールされると、このサービスは、バックグラウンドで実行されます。ClickShare Button がプラグインされたことを検出すると、直ちにスクリーン・スクレーピング・アプリケーションが起動し、ClickShare Base Unit との接続を開始します。このサービスをインストールするには、ラップトップでの管理者権限が必要です。

  • 3.プリインストール済みサービス

    個々のユーザーの便宜を図るため、会社の IT 部門は、上記のサービスを会社すべてのラップトップにプリインストールすることができます。つまり、ユーザーは、アプリケーションの心配をすることが一切不要となり、ClickShare Button をコンピュータに接続し、ボタンを押して共有を開始すれば、ClickShare が利用できます。

アプリケーションが起動して、Base Unit との接続が確立した後、Button は、白く一定に点灯します。会議中、すべてのユーザーは、Button を単にクリックするだけで、共有の開始や停止ができます。会議の終了で Button を USB ポートから外すと、アプリケーションは、数秒後に自動的に閉じて、コンピュータ上にトレースを残しません。

注:これらの活動は、コンピュータの CPU 負荷およびバッテリー自律性に影響を与えます。

見積もりを受ける

サポート

ドライバー、ファームウェア、マニュアル、図面 & ドキュメントなどのテクニカル・ダウンロードについては、当社の製品サポート・ページにご案内させていただきます。

利便性向上のため、当社では最近のドライバー/ファームウェア & マニュアルを選び出しており、以下から直接ダウンロードできます。

メディア

当社の新しく改善されたメディア・センターでは、すべてのメディア、パンフレット、プレゼンテーション、ホワイトペーパー & マーケティング・ダウンロードを見つけることができます。

メディア・センターに進む