NGS-D440

TransForm N用のコンパクトな4K60エンコーダ

  • 優れた画質
  • 統合されたネットワーク
  • 容易な設置とコンフィグレーション
  • NEM-110による一元管理
  • パフォーマンス

NGS-D440について

BarcoはTransForm N(TFN)製品ラインナップの性能を拡張し、NGS-D440エンコーダを通してHDMI 2.0準拠の4K60 AVソースに対応できるようにしました。TFNでは、Barcoコントロールルーム管理スイート(CMS)によってビデオウォールをすでに一元管理できるようになっていました。これからは、NGS-D440エンコーダも、NEM-110設備で実行するエンコーダマネージャーサービスを介して一元管理できるようになります。

容易かつ安心で信頼のおける設定、コンフィグレーション、メンテナンス体験を実現すべく、エンコーダマネージャーサービスとNGS-D440エンコーダは、実績のある標準のエンタープライズITネットワークサービスやプロトコルに依拠しています。このサービスはIT統合ソフトウェア製品として構築されており、専用のNGS-D440エンコーダを通して各種TFN製品に送られるAVソースを一元管理できるようになっています。

主な機能:

  • 抜群の画質
    NGS-D440はBarcoの最新画像処理エンジンを備えており、今日の市場で最高のスケーリングと色空間変換アルゴリズムを利用できます。さらに、解像度は最高4K60となっており、業界標準のプロトコルでサポートされています。
     
  • ネットワークIT統合
    NGS-D440は、操作中にネットワーク上で標準のITサービス(DHCP、DNS、NTP)を利用できることが条件となっています。この条件を満たすことで、システムを改めて構築することなく、ネットワークのコンフィグレーションを容易に変更できます。さらに、ドメイン内に構成するホスト名を介してエンコーダマネージャーサービスに簡単にアクセスできます(IPを覚えておく必要はありません)。
     
  • 簡単なインストールとコンフィグレーション
    上記のネットワーク統合により、デバイスをより素早く簡単に検出できます。さらに、デバイスの識別に使用できるユーティリティボタンを使えば、ソースをあっという間に作成できます。
     
  • NEM-110で一元管理
    NGS-D440は、NEM-110で完全に一元管理する仕様となっています(TFNコンテキストに限定されるため、スタンドアロンでは操作できません)。そのため、ファームウェアの更新に煩わされる必要はありません。単一のソフトウェアインスタンスで、すべてがNEM-110上で処理されます。
     
  • パフォーマンス
    NGS-D440にはHDMI 2.0入力が付属しています。この入力は60fpsでの最大UHD(3840 x 2160)に対応しており、入力の1:1コピーを作成するアクティブループスルーを備えています。さらに、電源(PoE+およびUSB-C)とネットワーク(ボンディング)の冗長性のおかげで、長時間にわたりデバイスの稼働が保証されます。

NGS-D440

R9867440
今すぐ見積もりを依頼する
購入について
サポート
仕様書をダウンロードする

サービス

皆さまのビジネスが当社の優先事項です。そのため、Barcoのサービスプログラムは、ポジティブなビジネス面の成果を連携して実現するように設計されています。

当社の使命は、以下の利点を通じて皆さまと皆さまの顧客のために最も輝かしく最も信頼性の高い成果を実現することです。

✔ 最初から適切な活用
✔ 究極の安心感
✔ 効率とROIの最大化
✔ 追加のサービス収入

Barco Servicesについて知る
connectcare-for-diagnostic-imaging

投資の価値を最大化

managedcare-for-diagnostic-imaging

診断用ソリューションへの投資価値の管理に確かな安心を提供

仕様

Loading

仕様

Loading

見積もりを受ける

サポート

ドライバー、ファームウェア、マニュアル、図面 & ドキュメントなどのテクニカル・ダウンロードについては、当社の製品サポート・ページにご案内させていただきます。

利便性向上のため、当社では最近のドライバー/ファームウェア & マニュアルを選び出しており、以下から直接ダウンロードできます。

メディア

当社の新しく改善されたメディア・センターでは、すべてのメディア、パンフレット、プレゼンテーション、ホワイトペーパー & マーケティング・ダウンロードを見つけることができます。

メディア・センターに進む