自動車

短くてコスト効果の高いデザインサイクル

仮想プロトタイピングでのVR技術の利用は、重要視されるようになりました。ここ数年、バーチャルリアリティーはプロトタイピングの基準とされるようになり、企業は、コストの削減や市場に出すまでの時間の短縮化など、これらのシステムがもたらす数多くのメリットを理解するようになりました。高度なビジュアライゼーション用ソフトウェアと投影技術(レーザー投影など)の登場により、仮想プロトタイピングはテストにも最適な非常にリアルな映像を提供します。複数の人物が仮想3D環境でお互いを見ながらコミュニケーション・コラボレーションできるBarcoのグループVRソリューションは、VRソリューションの効率性を高める投資に適したソリューションです。

お問合せ

自動車業界におけるVRアプリケーション

  • エクステリアデザイン
  • インテリアデザインと人間工学
  • エンジニアリング
  • 販売およびマーケティング
  • 研究および安全に関するインサイト

自動車市場におけるVRと、ビジネスへの応用の可能性については、こちらをご覧ください。

問い合わせる

ご質問がある場合は、お気軽にお問い合わせください。 当社チームが正しい方向へと向かうよう喜んでお手伝いしいます。

はい、Barco グループの製品とサービスについては、私までご連絡ください。
当サイトは reCAPTCHA によって保護されており、Google の プライバシー ポリシーおよびサービス規約が適用されます。