Barco検索

製品
2022/11/16

ワイヤレスプレゼンテーションとワイヤレスコンファレンスの比較

読み終わるまでの時間:約4分

近年、従業員の働き方は大きく変化しています。リモートワークやハイブリッドな働き方が一般的になり、従業員は、ワークライフの生産性をより高め、効率的に、かつ快適にするオフィステクノロジーに対し、これまで以上に期待を高めています。そのなかで、ワイヤレスプレゼンテーションとワイヤレスコンファレンスは、テクノロジーの組み合わせにおいて重要な位置を占めています。

ClickShareのようなワイヤレスプレゼンテーションおよびコンファレンステクノロジーは、プレゼンテーションや会議での業務形態を完全に新たなものにしたと言っても過言ではありません。しかし、この2つの正確な違いは何でしょうか。自社のビジネスに必要なのはどちらなのでしょうか。両方を詳しく見てみましょう。

ワイヤレスプレゼンテーションとワイヤレスコンファレンスの比較:どちらが必要か

ClickShareプレゼンテーションとClickShareコンファレンスについてはすでに説明しました。ワイヤレスプレゼンテーションもワイヤレスコンファレンスも、トレーニングの必要がなく、エンタープライズグレードのセキュリティを確保しながら、高速かつ効果的にゲストアクセスを提供するシームレスなワイヤレスアプローチです。ただし、重要な違いがあります。最も重要な違いをご說明します。

ワイヤレスプレゼンテーションとコラボレーション

ワイヤレスコンファレンス

常設型のMicrosoft Teams、Zoom、WebEx会議室またはスタンドアロンで生産性とエンゲージメントを向上

あらゆるデバイス、あらゆるUC&Cプラットフォームの、生産性とエンゲージメントを向上

BYOD

BYODとBYOM


会議室の画面でコンテンツを共有し、共有コンテンツを参加者(リモート参加者も含む)にプッシュし、自分のデバイスで共有コンテンツを表示

ワイヤレスでのプレゼンテーションやコラボレーションを一層簡単に

簡単にワイヤレスコンファレンスを実現、各種VCプラットフォームとの互換性あり

-

会議室でUSB周辺機器(サウンドバー、カメラ、スピーカーなど)を利用

シームレス、ケーブル不要、トレーニング不要

ゲストが使いやすく柔軟性に優れている

エンタープライズグレード:安全で、集中管理され、簡単に接続可能

ワークプレイス戦略の推進をサポートするボタンとアプリ