Products

スマートな会議フローで、直感的かつストレスフリーなハイブリッド会議を体験

ビジネスの観点で見れば、従業員がハイブリッド会議を開始したりホストになることで時間を無駄にすることは避けたいはずです。ClickShareなら、ClickShareボタンやClickShareアプリを利用することで、会議に参加する全ユーザーにとって簡単かつ直感的な準備や操作を実現できます。スマートな会議フローが会議の効果を高め、あらゆる懸念を取り払います。

会議室の「空き状況」を一覧表示させるといったことも可能です。

ClickShareの自動認識機能は、会議室の利用をより便利にする優れた機能です。ユーザーが会議室に入室すると、ClickShareデバイスが自動的にPCを検出し、相互に接続を確立します。これにより手動で設定する手間を省き、迅速に会議をスタートさせ、スムーズにプレゼンテーション開始へと移行できるようになります。

PresentSense

「ClickShareアプリ」や「ClickShareボタン」が自動的に会議室内のClickShareシステムに接続してくれますので、ケーブル接続に四苦八苦するようなこともなく、便利でスムーズな操作が可能です。

HostFlow

ミーティングを開始すると、システムはユーザーがホスト(ミーティング主催者)なのか、それとも参加者なのかを自動的に認識し、それに基づいてミーティングの開始手順をサポートします。

ワンクリックで参加

個人用カレンダーから、どのオンライン会議でもワンタップ・ワンクリックで参加できます。

ClickShareはさまざまな画面共有の方法に対応しています。

画面全体を共有している場合でも、アプリケーションウィンドウのみを共有している場合でも、ノートPC側では通常のPCスクリーンを表示し続けることができます。この設定により、画面共有中にもメモアプリなどを起動してメモを取ることが可能です。

カンファレンスビュー

ClickShareはリモートで会議に参加している人の顔を画面に表示させたまま、自分のプレゼンテーション資料を共有して画面表示させることができます。たとえオンラインであっても、ミーティング参加者同士が顔を合わせながらスムーズな業務コラボレーションを進められますので、会話や議論がより効果的になります。

デジタルサイネージ

ClickShareによる会議通話が終了した時点で、ミーティングスペースの画面がデジタルサイネージ表示に切り替わる、といった使い方をすることもできます。会議にしようしない間のディスプレイを有効活用するのに便利です。例えば重要なお知らせやイベントといった、社内情報を従業員にアップデートする際などに便利です。デジタルサイネージというと広告表示的な使い方を想起する場合が多いですが、こうした「社内の情報共有」にも役立ちます。

スマートな会議フローで、ハイブリッド会議によくある課題を解決

ノートPCをAV機器へ接続する
会議室に電源を供給
ノートPC上のカレンダーから会議に参加
コンテンツと参加者の両方を画面上に維持

お問い合わせ

またご不明な点があれば、いつでもお気軽にお問い合わせください。バルコジャパンチームが喜んでお手伝いいたします。

完璧なコラボレーションソリューションをお探しですか?当社のエキスパートがお手伝いします。