ClickShareのメリット:実用性の高いワイヤレスコンファレンスおよびプレゼンテーションシステム

目標の達成に役立つどころか、アクションに時間を費やすような古くなったテクノロジーを利用して業務に取り組みたいと考えるユーザーはいないでしょう。 会議室に入って座り、次のプロジェクトに取り組もうとしているときに、機器が故障する、ワイヤーが擦り切れる、ソフトウェアのアップデートが必要になる、といった事態はすべての生産性を停滞させます。

ClickShareは物事を思い通りに進行させます。 ClickShareシステムを箱から取り出してClickShareボタンまたはアプリを使用するだけで、会議室のメインディスプレイへとワイヤレス接続できます。お客様とリモート会議を行ったり、より大きなチームと新しいプロジェクトをコラボレーションする場合でも、すぐに業務に取りかかれます。 お好きなデバイスをハドルルーム、会議室、役員会議室に持ち込み、ClickShareボタンを使用してClickShareに接続すれば、誰でも簡単に会議室のスクリーンでコンテンツを共有できます。

特定のケーブルを探したり、システムが動作せずIT担当者を呼ぶ必要はありません。また、接続して実行(プラグアンドプレイ)するだけなので、最低限のトレーニングを行うだけで使用できます。

完全なワイヤレスソリューション

デスクの上にケーブルが広がっていることを嫌うユーザーもいます。 ケーブルはマウスやメモ帳の邪魔になるだけではなく、特にお客様に好印象を与えたい会議室では外観を損ねます。

ClickShareは、ノートパソコンや デスクトップのUSBポートに挿入するClickShareボタンと、PCおよびモバイルデバイス用のClickShareコラボレーションアプリのいずれかを利用する完全なワイヤレスシステムです。 どちらの接続方法を利用した場合もケーブルは不要で、すべてのケーブルに必要なプラグのソケットや机のスペースを探す必要のないBring Your Own Meeting(BYOM)とBring Your Own Device(BYOD)を実現します。

またシステムには、タッチバックサポート、アノテーション、ブラックボードなどのさまざまなインタラクティブ機能があります。 これらの機能はタブレットやタッチスクリーンデバイスに対応しており、アクティブなユーザーは共同で利用するスライドにメモを残したり、マウス、キーボード、クリッカーを使用せずにプレゼンテーションを操作することができます。

つまり、会議室の画面に接続するケーブルを見つけるために、IT担当者へ問い合わせて待機する必要はありません。 デバイスをシステムにつなげるだけで、ClickShareワイヤレスプレゼンテーションシステムを使用して瞬時にコンテンツを画面で共有したり、ClickShareコンファレンスを使用してリモート会議に参加できます。

仕事のパターンを変化させるBYODとBYOM

ワークプレイスや仕事への取り組み方は変化し続けています。 IT部門が数年前に設置した標準的なデスクトップPCに向かい合ってデスクに座り、1日中作業し続ける必要はありません。 今では、WindowsやAppleなどのお好きなノートパソコンを使って、さまざまな場所からよりフレキシブルな時間に合わせて業務に取り組めるようになりました。

家庭の都合や個人的な予定も重要であり、企業は柔軟な労働時間を設定して、リモートワークやリモート会議も行えるように対応しています。 ClickShareなどのシステムは、このような業務慣行の進化における中心的な役割を担っています。このお洒落で画期的なシステムにより、どこからでもお好きなデバイスを使用して、より円滑に効率の良い、何よりも効果的な会議を開催できます。

会議形態は、リモート会議に関心が高まるなかで変化しつつあります。 従業員は、オフィスの代わりに自宅で業務を行ったり、近くのコーヒーショップなど、よりリラックスできる場所で打ち合わせを行うことを望むかもしれません。 ClickShareは、このような状況の可能性を見出すだけでなく、実現するようお手伝いします。

ハドルルームなどのよりリラックスできる環境をお求めの場合は、ClickShareが役に立ちます。 また、役員会議室にClickShareワイヤレスコンファレンスシステムを導入してサウンドバーやスピーカーフォンなどの既存のAV USB周辺機器に接続すれば、シンプルでケーブルを目にすることのない、より快適な会議が実現します。

今後3年間でコラボレーションを向上させるためビデオ会議が標準となる、と77%の人が予想
「ミーティングの未来」についての調査、ClickShare、2019

最低限のトレーニングのみ

業務時間をトレーニングに費やすと作業負荷が増えることがあります。強制的なトレーニングを受けるため、会議の予定が狂うことがよくあります。 たとえば、ツールの新しいスイートを学ぶため広範なトレーニングを要求される場合がありますが、ClickShareではそのようなトレーニングが不要です。

IT部門が会議室にClickShareを設置したら、最初の会議やプレゼンテーションが終わるころには誰でもClickShareを使いこなせるようになります。 ClickShareボタンをノートパソコンやデスクトップPCにつなげて実行するか、タブレットやモバイルデバイスにコラボレーションアプリをダウンロードするだけで、直観的かつ流動的な会議やプレゼンテーションに参加できます。


94% says ClickShare is simple and intuitive to use


ClickShareを利用した顧客のワークライフの変革

従業員として、施設やITの問題を心配することなく成功を収めて生産性を高められるよう、自社のビジネスの成長を助けたいと考えていらっしゃいますか。 ClickShareのようなワイヤレスコラボレーションソリューションは、そんなあなたに最適です。 ClickShareワイヤレスソリューションがあなたとあなたの同僚にもたらすメリットをよく確認してください。
 

1. 今すぐ、簡単に会議を実施

新しいツールまたはテクノロジーは、それを使用する方法の学習に時間を費やすことを意味します。 そして、あなたが仕事に費やす1日の時間は一瞬、一瞬が貴重なものです。 ClickShareを使用すると、追加のトレーニング、分厚いマニュアル、ITからの追加指示は不要になります。 すべて、プラグアンドプレイ対応です。 サポートのためにIT部門に電話をかける必要がありません。 ボタンを挿入するか、アプリをインストールするだけで、7秒以内に共有、コラボレーション、会議を実行できるようになります。

会議を開始してメインスクリーンでコンテンツを共有するまで、非常に簡単な作業です。 使用するケーブルについて心配したり、複雑なユーザーインターフェイスに対処する必要はありません。ClickShareのコラボレーションでは直観的で自然な操作により、実際の人同士の意思疎通を可能にします。

2. すべての会議室でユーザー体験を1つに統一する

企業全体で、1つの同じ会議環境に統一することが出来ます。
ハドルルームまたは役員会議室、通常の会議室またはコンファレンスルームでのコラボレーションにおいて、セットアップと共有方法は常に同じになります。 また、ゲストにも同じ使いやすさを提供します。

3. 個人のデバイス、お好みのツール、周辺機器で動作可能 

ClickShareClickShareコンファレンスは真に環境非依存型のソリューションであり、会議を最大限に活用するのに役立ちます。 Fully compatible for BYOD, working with any device - a laptop or desktop, mobile or tablet to share content or collaborate interactively. また、当社のワイヤレスコンファレンシングソリューションは3つの点で環境非依存型です。 会議室で利用可能なAV USB周辺機器を使用して、自分のノートパソコンまたはデスクトップから、選択したUC&Cソリューションでリモート会議を開始できます。 

4. 柔軟で生産性の高い会議を楽しむ

ClickShareではデータの安全性が確保されていることを心に留めておいてください。すべてはあなた次第です。 アノテーションやブラックボードなどのインタラクティブな機能を利用して会議を後押しし、リモートの同僚と集中して話し合い、効率よく参集して、時間を最大限にご活用ください。


あなたの会社で実現可能な改善点は何か認識していますか? ClickShareはお客様の企業を未来のデジタルワークプレイスに導き、潜在能力を最大限に引き出す支援をします。

あなたに最適な ClickShare モデルは?ウィザードを使って調べてみましょう。

選択を支援する

製品パンフレット

同僚との共有や今後の問い合わせに便利な ClickShare のパンフレットをぜひダウンロードしてください。
今すぐダウンロード

最新情報をチェック

ClickShare のサービスや製品に関する最新ニュースを受け取る
Barco グループの製品やサービスに関する通知を受け取ります。 メールアドレスを第三者と共有することは決してありません。
当サイトは reCAPTCHA によって保護されており、Google の プライバシー ポリシーおよびサービス規約が適用されます。

ご質問がある場合当社のチームがお手伝いいたします。

問い合わせる